無料公開! 家でも教室でも漢字学習に取り組める 「漢字学習サポートシート」

小学校2年生用 1学期の分を公開しています。かん字の学習室のページへ どうぞ。

▼がある項目は,見出し部分をクリック(タッチ)すると本文が開いたり閉じたりします。▼▲

 ひとこと 2020・6.10 いい年をして

◎いい年をして

〈いい年をして、短い手紙や400字原稿一枚を書くのに、漢字を辞書で引かずにうまく書ける人はごく少ないのが日本の現状で、ただ一人一人やっているから社会的さわぎになってこないだけだ。〉
(1980年2月 『国字研ニュース』No.2 P.3から)

●紹介者評
 寄稿者は漢字を正しく使って書こうと言っているのではありません。漢字を使って書くのがそもそも難しいことなんだと言っているのです。
 無理に漢字を使わなければそんな悩みはなくなるはずです。
 大人に限らず小中学生だって漢字にこだわらなければもっと楽に文章を書けるはずです。(To.)

ひとこと 2020・5・27 「これ以上子どもを頑張らせないで。」


◎「これ以上子どもを頑張らせないで。」

 私の記憶では、休校中に自死した生徒はいません。少なくとも面と向かっていじめられることがなかったでしょう。そのようななか、登校再開は、一部の子どもには恐怖かもしれません。いつも以上に子どもの様子に目配りが必要です。

 いま学校には、学習よりも何よりも安心できる環境づくりが必要です。その一つが、20~30人学級です。また学習指導要領を短期間でこなすために7時間授業で詰め込むのではなく、学習内容の思い切った精選をするチャンスでもあります。
 もちろん漢字精選も視野に入ります。(To.)

「これ以上子どもを頑張らせないで。」

ひとこと 2020・5・20 国字研「文づくりと交流」と、一読法「話し合い」の共通性

◎(1)国字研「文づくりと交流」と(2)一読法「話し合い」の共通性

「「話し合い」の過程では、あらかじめ自分が書き込みをした内容に基づいて発言するから、自信をもって自分の意見として活発に出せる。そしてそれについてクラスで話し合いをする。その結果、自分の考えが客観化・相対化され、一人よがりの考えも修正される。」
(井上尚美「一読総合法は自力読みを育てる」での一節。『国語の授業』2020年春号 丹野洋次郎による紹介)

*以下 若干強引な関係づけになるが、
(1)国字研1セット5過程方式での「文づくりとその交流」と、
(2)児言研一読法における「話し合い」とは共通の方法と意義をもっていると考える。

 まず、あるコトバに共同でチャレンジさせる姿勢があることだ。
 具体的には、
 ① 発言の前に書かせること。
 ② 各自の発言について、クラスで話し合うこと。話題にするコトバの意味を考えあうことでより深く確かな理解にいたる可能性がある。意味を考え合う過程で、各自の経験の一部やものの見方、文脈が表す状況の想像や推察を共有することになる。
 ③ 発言により、時に互いの日常生活や思いを具体的に知ることができ、人格的な交流がはかれる。

・他方で、それぞれの特殊性がある。
 (2)の「一読法」における「話し合い」の場合は、文脈に規定された特殊な意味をさぐることに主眼がおかれる。
 (1)「文づくりと交流」の場合は、話題とする語について、まず一般的な意味(辞書上の意味)や日常生活で見聞きする場合の意味を交流し合う。そして、つぎにそのコトバを使った文を作ることで、理解するだけでなく使えることまでをめざす。コトバは表現することによって語義理解がより確かになる可能性があるからだ。

 国字研の漢字指導は、「文づくりと交流」の過程があることが最大の特徴である。(To.)


楽しく力のつく授業の創造『国語の授業』(季刊)2020年春号(通巻271号)
児童言語研究会・編集,子どもの未来社・発行(2020年4月10日刊行)定価1400円(税別)

◇おもな内容
〇特集「自分の考えを創る国語の授業」
 「一読総合法の読みの授業で、子どもたちが生き生きと考えをつくる」~『すがたをかえる大豆』の実践(丹野洋次郎)
○特集「楽しい詩の授業」
○新教材を一読総合法で「「ヒロシマ」を知る11歳の物語」(小山信行)
〇研究の窓「朝比奈実践に学ぶ・ことば」(前川あきら)
〇論文「子どもの権利と日本の教育」-「あまりに競争的な学校教育」の転換を目指して(児玉洋介)

◇もうしこみ先
(1)書店での購読は,「子どもの未来社」発行の『国語の授業』とお伝えください.   
 ★子どもの未来社 ℡03-3830-0027 Fax03-3830-0028
(2)インターネット書店
   楽天ブックス    Yahoo!ショッピング


井上尚美「一読総合法は自力読みを育てる」
『思考力育成への方略』-メタ認知・自己学習・言語論理(増補新版)明治図書,2007年

ひとこと 2020・5・13 国字研創設者の危機感

◎国字研創設者の危機感

「私がこの漢字問題に首をつっこむようになったのは、毎日新聞に載った新井達夫(第11・12期委員)の勇気ある発言「新漢字表の試案はこれでよかったのか」(1977.1.24-1977.1.25)――『私は2期4年間、国語審議会の委員であった間、総会で採決という場面は一度も見なかった…』という事実の告発に発憤し、この問題に着手した。」
 1979.7.21「常用漢字批判の基礎」大久保忠利 から抜粋
  (『国字研ニュース』No.1 1979.10月に所収)

●紹介者評
戦後20年にして早くも、「当用漢字表」「現代かなづかい」制定などの国語国字政策から後退しつつあるという現状認識だけでなく、新井達夫の発言によって国語審議会の進め方に疑問をもった国字研創設者の危機感が伝わってきます。
あとを継ぐ私たちは心して活動したいと思います。(To.)

ひとこと 2020・4・29 先が見えないときでも


◎先が見えないときでも

「学習活動は …人々を、
なりゆきまかせの客体から、自らの歴史をつくる
主体にかえていくものである。」

「…学習権は未来のためにとっておかれる文化的ぜいたく品ではない。それは、生存の欲求が満たされたあとに行使されるようなものではない。…」
          ユネスコ「学習権宣言」(1985年)から。下線は紹介者。
〔注〕
 新型コロナウイルスの流行によって、学齢期の子どもが事実上学習停止にあっているだけでなく、学生は仕送りやバイトなどからの収入激減の事情から進学をあきらめたり退学に追い込まれたりしていると報道されています。

 しかし、そのような状況にあっても、「宣言」に言うように、学習権は命の確保と同時進行で満たされなければなりません。学習権を保障するために、いま厳しい条件の中で奮闘している方がたにエールを送ります。

ひとこと 2020・4・1 漢字の「This is a pen」からの脱出


◎漢字の「This is a pen」からの脱出。

 「日常の英語での会話で『This is a pen.』などと言うか」との批判が以前からあり、教科書から消えました。
 では、漢字ドリル等の教材には、子どもが「ウン、そうだ。」「そういうことか。」と思わないような例文、不自然な使いかたがないでしょうか。

 昨年夏の国字研アカデミーで、ドリル等にあるお仕着せの例文を使うのではなく、使いかたを子ども自らが考え作る実践が報告されました。日常生活と漢字語をむすびつける【自力学習】です。
 そこでは、漢字・コトバが生きています。目に見え、体感がある文です。
 今後、さらに進化した実践報告が楽しみです。

 以下、特別支援学級6年生のAくんが《自作漢字カルタ》に書いた短文例。

 『将』の自作短文「将軍と大将、どちらが強いですか?」
 『危』「宿だい 危険物。やらないと先生におこられる。」
 『砂』「古ふんの中で、岩をよーく見ると、砂鉄みたいなものがありました。」(古墳石室見学の体験)「ナマコのウンコはきれいな砂になる。」
 『腹』「ミニオンズ、腹が出ていてもするする動く。」(トイレ後の感想)
 『臓』「りゅうとの家のトラが、外で心臓パクパクしていた。」(外に逃げた友達の飼いネコをつかまえ抱きかかえたときの鼓動体感)(To.)

ニュース★おしらせ★話題★ひとこと

いっしょに 研究しましょう

「どの子にもわかるように教えたい。」
「ひとみが,かがやく授業がしたい。」
「漢字をとおして,コトバのちからをつけたい。」

こうした,教師ほんらいのねがいにこたえる道をさぐる,その方法をわたしたちは,探究しています。

いっしょに研究しましょう。 そして,あなたのお力を,お貸しください。

例会のご案内

今後の例会の予定

 7月,8月例会を中止します。
  今後の月例会の予定については,決定しだい,お知らせします。


*漢字指導法研究会の月例会は,毎月,第2土曜日の午後2時から4時30分までの予定でおこなっています。

★参加ご希望のかたはご連絡ください★
      E-mail : kanzisido@yahoo.co.jp

 

例会報告のページ   例会案内のページ

国字研の精選案が雑誌『世界』で紹介された

「知識詰め込み型」からの転換なのか?
 -改訂「学習指導要領」が子どもにもたらすもの
                    大森直樹(東京学芸大学)
   (『世界』2019年11月号,特集:脱・オトナ目線の教育へ)

東京学芸大学・大森直樹さんが、漢字指導法研究会が1984年に漢字を系統的に学べるようにするため指導要領の学習量削減の具体例として600字提案をしたことを紹介しています。しかし、指導要領はこの提案をいれずに逆に10字を追加し1006字で応じたと批判しています。

こころある研究者が国字研の活動に着目し、評価してくださったことをうれしく思います。

   『世界』2019年11月号  岩波書店ウェブサイト