見出し部分をクリック(タッチ)すると本文が開いたり閉じたりします。▼▲

ニュース 2020・1・26 ▷全ての学びたい人に学ぶ権利を与えてほしい 群馬県伊勢崎で 


 群馬県伊勢崎市で,映画「こんばんはⅡ」上映とトークの集いが2020年1月25日にありました。映画鑑賞のあと,映画監督の森康行さんと,フィリピン出身で夜間中学を卒業した戎香里菜さん,それに見城慶和さん(本会研究参与)がおはなしされました。地元紙『上毛新聞』が写真入りでつたえています。

夜間中学必要性知って 映画上映と卒業生講演 伊勢崎(上毛新聞ウェブサイト,2020.1.26)

見城慶和さん(本会研究参与・元委員長)のページ

夜間中学生のための生活基本漢字381字(1975年)のページ

ひとこと 2020・1・22 ▷「先生のおかげ」というのは、嫌いになることを

先生のおかげ」というのは、嫌いになることをしなかったということなのかもしれない。


『国語の授業』誌2020年冬号に以下の報告がありました。

〈1〉「日記が苦手だったけど、先生のおかげで日記を書くのがすごくうまくなりました。」
…秀真が感じた「先生のおかげ」というのは、(私が)何かを教えたのではなく、嫌いになることをしなかったということなのかもしれない。(小野木こうき「書くことを大切に」)

〔注〕本文を読むと、「嫌いになることをしなかったということなのかもしれない。」は、もちろん謙遜です。実は好きになることをしてきたのです。

〈2〉名古屋市のある小学校の5年生の学級では、「名札の付け忘れ」のペナルティとして漢字ドリル問題十問を漢字ノートに2回ずつ書く、「宿題忘れ」はさらに多い十問を3回ずつ書くという決まりがありました。ペナルティを課された子は休憩時間に必死でこなしています。休憩時間に終わらなければ居残りしてやりあげなければなりません。(佐藤千恵子「子どもも教師も追いつめられていく学校スタンダード」)


* 上記〈2〉では、漢字が罰の手段にされています。罰としての漢字ならば、漢字が好きになるわけがありません。それでもたぶん校内研究目標には「意欲をもって」とか「主体的な」とかの文言がならべられているのでしょう。

 嫌いになったあと、好きにさせるのは難しいものです。もし好きになる指導が難しいのであれば、せめて〈1〉のように「嫌いになること」をしないでほしいものです。(To.)


楽しく力のつく授業の創造『国語の授業』(季刊)2020年冬号(通巻270号)
児童言語研究会・編集,子どもの未来社・発行(2020年1月10日刊行)定価1400円(税別)

◇おもな内容
〇特集「コトバの力を育てる国語の授業」
 「書くことを大切に-作文指導の入口-」(小野木こうき)
 「漢字は書く、覚えるだけじゃつまらない-子どもも教師も楽しく学ぶ-」(丹野洋次郎)
○連載(ひとこと・ふたこと)「子どもも教師も追いつめられていく学校スタンダード」(佐藤千恵子)
○連載「一読総合法の見方 考え方」(小山信行)
〇論文「『声』を聴くこと~ひとりの若い教師への支援を考える~」(霜村三二)

◇もうしこみ先
(1)書店での購読は,「子どもの未来社」発行の『国語の授業』とお伝えください.
子どもの未来社 ℡03-3830-0027 Fax03-3830-0028

(2)インターネット書店
   楽天ブックス ヨドバシ.com ローソンエンタテインメント

ニュース 2020・1・16 ▷見城慶和さんのトーク 1月25日に伊勢崎市で

見城慶和さんのトーク 1月25日に
群馬県伊勢崎市の「こんばんはⅡ」上映会で

1月25日,群馬県伊勢崎市富塚町の市民プラザで,夜間中学が舞台のドキュメンタリー映画「こんばんはⅡ」の上映会が市民グループの主催でひらかれます。上映会では森康行監督と,沼田市出身で都内の公立夜間中学元教諭の見城慶和さん,卒業生らのトークもあるそうです。入場無料。先着60人。
問い合わせ先  メール(yakan.chugaku.gunma0125@gmail.com)

群馬「こんばんはⅡ」上映実行委員会ウェブページ

見城慶和さん(本会研究参与・元委員長)のページ

夜間中学生のための生活基本漢字381字(1975年)のページ

ニュース★おしらせ★話題★ひとこと

いっしょに 研究しましょう

「どの子にもわかるように教えたい。」
「ひとみが,かがやく授業がしたい。」
「漢字をとおして,コトバのちからをつけたい。」

こうした,教師ほんらいのねがいにこたえる道をさぐる,その方法をわたしたちは,探究しています。

いっしょに研究しましょう。 そして,あなたのお力を,お貸しください。

例会のご案内

小学校3年生の授業報告 「平」



漢字指導法研究会2月例会

日時:2020年2月8日(土)午後2時~4時30分
会場:東京都内
内容:小学校3年生の授業報告「平」
報告者:綿貫菜穂

報告者のコトバ
「たいら」のイメージと、「平」のつく漢字語の意味が結びつくことをねらって授業しました。
よりよい展開を検討していただきたいです。
よろしくおねがいします。 綿貫菜穂 

*漢字指導法研究会の月例会は,毎月,第2土曜日の午後2時から4時30分までの予定でおこなっています。

★参加ご希望のかたはご連絡ください★
      E-mail : kanzisido@yahoo.co.jp

 

例会報告のページ   例会案内のページ

夏季 全国アカデミー

2020年度全国アカデミー
7月26日(日曜日)に開催します


2020年度の第36回漢字指導法研究会の全国アカデミーの開催日と会場がこのほど決まりました。おしらせします。日程調整をしていただき,参加の準備をおねがいします。

第36回漢字指導法研究会全国アカデミー(第1次案内)

開催日:2020年7月26日(日)
会場 :ルミエール府中(昨年2019年とおなじ会場です)
〒183-0055 東京都府中市府中町2-24
京王線「府中駅」下車徒歩6分
「ルミエール府中」アクセス
  府中市市民会館・中央図書館 複合施設ウェブサイト

なお,詳細が決まり次第,追って当ウェブページでご案内します。



全国アカデミーのページ

国字研の精選案が雑誌『世界』で紹介された

「知識詰め込み型」からの転換なのか?
 -改訂「学習指導要領」が子どもにもたらすもの
                    大森直樹(東京学芸大学)
   (『世界』2019年11月号,特集:脱・オトナ目線の教育へ)

東京学芸大学・大森直樹さんが、漢字指導法研究会が1984年に漢字を系統的に学べるようにするため指導要領の学習量削減の具体例として600字提案をしたことを紹介しています。しかし、指導要領はこの提案をいれずに逆に10字を追加し1006字で応じたと批判しています。

こころある研究者が国字研の活動に着目し、評価してくださったことをうれしく思います。

   『世界』2019年11月号  岩波書店ウェブサイト