▼がある項目は,見出し部分をクリック(タッチ)すると本文が開いたり閉じたりします。▼▲

ひとこと 2020・4・1 漢字の「This is a pen」からの脱出


◎漢字の「This is a pen」からの脱出。

 「日常の英語での会話で『This is a pen.』などと言うか」との批判が以前からあり、教科書から消えました。
 では、漢字ドリル等の教材には、子どもが「ウン、そうだ。」「そういうことか。」と思わないような例文、不自然な使いかたがないでしょうか。

 昨年夏の国字研アカデミーで、ドリル等にあるお仕着せの例文を使うのではなく、使いかたを子ども自らが考え作る実践が報告されました。日常生活と漢字語をむすびつける【自力学習】です。
 そこでは、漢字・コトバが生きています。目に見え、体感がある文です。
 2020年夏、さらに進化した実践報告が楽しみです。

 以下、特別支援学級6年生のAくんが《自作漢字カルタ》に書いた短文例。

 『将』の自作短文「将軍と大将、どちらが強いですか?」
 『危』「宿だい 危険物。やらないと先生におこられる。」
 『砂』「古ふんの中で、岩をよーく見ると、砂鉄みたいなものがありました。」(古墳石室見学の体験)「ナマコのウンコはきれいな砂になる。」
 『腹』「ミニオンズ、腹が出ていてもするする動く。」(トイレ後の感想)
 『臓』「りゅうとの家のトラが、外で心臓パクパクしていた。」(外に逃げた友達の飼いネコをつかまえ抱きかかえたときの鼓動体感)(To.)

ひとこと 2020・3・11 「安心」感が増していますか


◎「安心」感が増していますか。

法律も言うように、モノだけでなく、「安心」が復興のキーワードです。

「安心して暮らし、子どもを生み、育てることができる環境を実現するとともに……」(福島復興再生特別措置法第二条「基本理念」

あれから9年。安心感が増していますか。

いまだ4万人の避難者・帰宅困難者。
そして増え続ける汚染水。宙に浮いている汚染土の処分地。
事実上手付かずの廃炉の工程。
輸入規制している国もある福島産の食材。

「国破れて山河在り」とは言いますが、福島の人にとっては、山河在っても近づけない山河であり、失われた山河ではないでしょうか。墓参りさえできない父祖の地です。何よりも代々築いてきた地域コミュニティがちぎられ失われてしまった悲しみが深くなっては いても未だ回復していないのが現状ではないでしょうか。

これから何十年努力したら、何十年待ったら安心できるのでしょうか。

「日本」をとりもどすまえに「安心できる福島」をとりもどすのはいつですか。
「安全神話」を作ってきた人は誰ですか。(To.)

ひとこと 2020・3・4 『聖職の碑』から1世紀もたったのに

 

◎『聖職の碑』から1世紀もたったのに

1913年木曽駒ケ岳での小学生大量遭難事故をもとに新田次郎が『聖職の碑』を書きました。それから1世紀たちました。教員を聖職とする考えは、変わったのでしょうか。

現在教員には、労働者に認められている残業規制が事実上なく、時間外手当も支払われていません。1971年に残業代を支払わないで済むようにするために基本給に4%を上乗せする「給特法」でお茶を濁しましたが、それが今なお続いています。

近年「働き方改革」が言われるようになると、今度は苦肉の策として「変形労働時間制」を打ち出しました。ですが、その中身はやはり「働かせ放題」法です。生身の教員の待遇改善をしたくないので、「聖職」のままにしておきたいようです。『聖職の碑』から1世紀がたっているのに。

過労死や「心の病」など、教員が政策の犠牲になっている事態を変えなければなりません。(To.)

ひとこと 2020・2・19 他者の目で歴史を見ることに、文学の力が大きな助けになる

◎他者の目で歴史を見ることに、文学の力が大きな助けになる。

2010.2.17朝日新聞・天声人語
―第162回直木賞受賞作『熱源』(川越宗一)を紹介するなかで。

▼他者の目で歴史を見る。そのことに私たちは慣れてはいない。だからこそ文学の力が、大きな助けになる。「日本は一つの民族が続いている」などと口走っていた政治家は、手にとってみただろうか。

●紹介者評 
 ことは歴史の見方に限りません。
 視点を変えてみる学習や習慣が、ものごとを新たな視点でとらえることにつながるかと思います。文学もその助けになり得ます。(To.)

ひとこと 2020・2・12 「募る」は、「募集」と違うらしい。


議会での某国のトップの発言
「(招待者を)幅広く募っている認識だった。募集している認識ではなかった。」

●紹介者評
 「募る」が「募集」と違うことを初めて知りました。
 もう一つ、「招待者」は「募る」ものですか。
 「参加者」なら「募る」と言ってもよいと思いますが。(To.)

ニュース★おしらせ★話題★ひとこと

いっしょに 研究しましょう

「どの子にもわかるように教えたい。」
「ひとみが,かがやく授業がしたい。」
「漢字をとおして,コトバのちからをつけたい。」

こうした,教師ほんらいのねがいにこたえる道をさぐる,その方法をわたしたちは,探究しています。

いっしょに研究しましょう。 そして,あなたのお力を,お貸しください。

例会のご案内

今後の例会の予定


今後の月例会の予定については,決定しだい,お知らせします。


*漢字指導法研究会の月例会は,毎月,第2土曜日の午後2時から4時30分までの予定でおこなっています。

★参加ご希望のかたはご連絡ください★
      E-mail : kanzisido@yahoo.co.jp

 

例会報告のページ   例会案内のページ

夏季 全国アカデミー

2020年度全国アカデミー
7月26日(日曜日)に開催します


2020年度の第36回漢字指導法研究会の全国アカデミーの開催日と会場がこのほど決まりました。おしらせします。日程調整をしていただき,参加の準備をおねがいします。

第36回漢字指導法研究会全国アカデミー(第1次案内)

開催日:2020年7月26日(日)
会場 :ルミエール府中(昨年2019年とおなじ会場です)
〒183-0055 東京都府中市府中町2-24
京王線「府中駅」下車徒歩6分
「ルミエール府中」アクセス
  府中市市民会館・中央図書館 複合施設ウェブサイト

なお,詳細が決まり次第,追って当ウェブページでご案内します。



全国アカデミーのページ

国字研の精選案が雑誌『世界』で紹介された

「知識詰め込み型」からの転換なのか?
 -改訂「学習指導要領」が子どもにもたらすもの
                    大森直樹(東京学芸大学)
   (『世界』2019年11月号,特集:脱・オトナ目線の教育へ)

東京学芸大学・大森直樹さんが、漢字指導法研究会が1984年に漢字を系統的に学べるようにするため指導要領の学習量削減の具体例として600字提案をしたことを紹介しています。しかし、指導要領はこの提案をいれずに逆に10字を追加し1006字で応じたと批判しています。

こころある研究者が国字研の活動に着目し、評価してくださったことをうれしく思います。

   『世界』2019年11月号  岩波書店ウェブサイト