▼がある項目は,見出し部分をクリック(タッチ)すると本文が開いたり閉じたりします。▼▲

新年のごあいさつ 2022.1.1


  2022年
 希望に満ちた年になるように
            漢字指導法研究会(国字研)代表 紺屋冨夫

 あけましておめでとうございます。
 昨年は、コロナ禍のため2年続けて全国アカデミーができませんでした。そればかりか、対面での月例会もほとんどできませんでした。コロナの終息を願うばかりです。
 そのようななかで学校現場では悪戦苦闘していることが報告されました。頭が下がります。ことしが希望に満ちた年になるよう祈念しています。

 以下、昨年の主なできごとを報告し、新年のあいさつにかえます。

① 朝日新聞漢字拡大キャンペーンを批判
 昨年6月、朝日新聞に漢字使用拡大へ誘導する記事が載りました。文化審議会委員の一人古田徹也氏の漢字使用拡大を勧める意見です。早速問題点を指摘し、その策動に反対する意見を送付しました。(くわしくは、国字研HP参照)
 同様の記事は8月にもありましたが、その後は無いようです。今後他社や他の機関も追随する可能性があります。
 そもそも国字研は1977年に設立しましたがその趣旨は、情報弱者をうむ、野放図な漢字拡大に道を開く「常用漢字表」制定を食い止めようとするものでした。
 今後とも情勢を注視し、「やさしい日本語」の普及につとめてまいります。

② 11.21九州教育学会で見城慶和元委員長が、教育漢字や常用漢字増加に異をとなえた。
 大会テーマ「教育を受ける権利の実質化をめぐって」のなかで、見城さんが「夜間中学校での教育実践 生きる力を支え励ます国語教育をめざして」と題して講演しました。
 見城さんは、当用漢字の制定が戦後改革の重要な柱であったことを述べるとともに、すでにある雑漢字・難漢字に加えて、ますます増える常用漢字に対応できない夜間中学の生徒用に「生活基本漢字381字」を選定して、生きる力をつける指導を続けてきたことを訴えました。また永年国字研や児言研で学んだことを強調しました。

③ ICT機器を使った授業のメリット、デメリット
 国字研の例会で、ICT機器を使った授業動画を見て、現状でのメリット、デメリットを話題にしました。今後活用の事例がふえるにつれ、適切な使いかたが共有されていくものと思います。


九州教育学会シンポジウムで国字研が話題にされる 2021.11.22


《夜間中学の教育実践を支えてきたもの》

「今回お話いただく見城実践は、目の前の生徒たちに向き合うなかで生まれたものである。(中略)見城先生は、国語教育の理解を深めるために、国字問題研究会に参加し、毎月授業をまとめて報告し、大久保忠利(東京都立大学)をはじめ参加者から助言をもらっていた。(以下略)」
(2021年11月21日 九州教育学会第73回大会公開シンポジウム,共催日本教育学会 大会テーマ「教育を受ける権利の実質化をめぐって」報告者添田祥史(福岡大学)の報告文書から抜粋)


*紹介者注
 見城慶和先生は国字研第2代の委員長で、現在研究参与です。その経歴や業績は国字研のホームページで紹介しています。見城先生の今回の報告原稿では、「生活基本漢字381字の選定とテキストづくり」に触れています。 (To.)
  会の紹介ページ 「見城慶和(研究参与・元委員長)」
  漢字の指導法「生活基本漢字381字」 のページ

だれにもわかりやすい日本語と文字を 2021.9.1


だれにもわかりやすい日本語と文字を
                          紺屋冨夫

 朝日新聞6月3日「論の芽」で、古田徹也氏は、
まぜ書きについて、①「不格好で不自然」であり、
『躊躇」を例に②「漢字は見た瞬間に意味がつかみやすい」と述べる一方、役所の文書は外国人や障害者に配慮してまぜ書きにするのはやむを得ないと述べています。
そして、行政やメディアに、簡略字を考案する、③「振り仮名を振る」などの検討をうながしています。
(①②③は、私がつけた番号)

 私は、①②③ともに反対です。
 新聞記事の見だしにある①「まん延、改ざん、ねつ造」などのまぜ書きが不格好で不自然かどうかは個人の感覚です。そもそも日常は使わないそれらの漢語を一般向けの文書に漢字表記することこそ「不自然」であり「不適切」です。「まん延」は「ひろがり」または「はびこり」、「改ざん」は偽造または変造、「ねつ造」は「でっちあげ」といえばだれにもわかるのです。

 ②「漢字は見た瞬間に意味がつかみやすい」は、すでに漢字を習得した人のみに言えることで、子どもやまなぶ機会のなかった人、外国人など漢字未習の人にはあてはまりません。

 ③「漢字に振り仮名を振る」ことこそ不格好で不自然きわまりないことです。
 世界中の言語で、文字にさらに読みかたを追加しているコトバがありますか。読み手が読めない漢字を使おうとするから読みかたを追加しなければならないのです。
 さらにいえば、「躊躇」をふりがなによって読めたからといって意味がわかるとは限りません。今の日本でいえば、義務教育を終えた人がだれでも読めて意味がわかるコトバ・文字で書いてあれば読みがなは必要ありません。
 本記事の初めに示された「躊躇」は、「ためらい」といえば、読んでも耳で聞いてもだれにでもわかるのです。

声明 2020年11月22日 日本学術会議の新規会員任命拒否の撤回を求める

   日本学術会議の新規会員任命拒否の撤回を求める声明
                            2020年11月22日
                   漢字指導法研究会(国字問題研究会)

無料公開! 家でも教室でも漢字学習に取り組める 「漢字学習サポートシート」

「かん字 学しゅう サポート シート」をつかって
「かん字 学しゅうノート」をつくろう

★ イメージが浮かぶ文例
  なじみやすい例文を音読するので,意味と使いかたが,記憶に残ります。

★ 作文力がつく短文づくり
  キーワード(漢字語)を使った一行日記にもなります。

小学校2年生の教科書に対応するシートを公開しています。
かん字の学習室のページへ どうぞ。

国字研の精選案が雑誌『世界』2019年11月号で紹介された


「知識詰め込み型」からの転換なのか?
 -改訂「学習指導要領」が子どもにもたらすもの
                    大森直樹(東京学芸大学)

   (『世界』2019年11月号,特集:脱・オトナ目線の教育へ)

 東京学芸大学・大森直樹さんが、漢字指導法研究会が1984年に漢字を系統的に学べるようにするため指導要領の学習量削減の具体例として600字提案をしたことを紹介しています。しかし、指導要領はこの提案をいれずに逆に10字を追加し1006字で応じたと批判しています。

 こころある研究者が国字研の活動に着目し、評価してくださったことをうれしく思います。

    『世界』2019年11月号
       岩波書店ウェブサイト

ニュース★おしらせ★話題★ひとこと

いっしょに 研究しましょう

「どの子にもわかるように教えたい。」
「ひとみが,かがやく授業がしたい。」
「漢字をとおして,コトバのちからをつけたい。」

こうした,教師ほんらいのねがいにこたえる道をさぐる,その方法をわたしたちは,探究しています。

いっしょに研究しましょう。 そして,あなたのお力を,お貸しください。

例会のご案内

漢字指導法研究会 月例会 今後の予定


★ 『月例会案内』のチラシ(PDF)をご希望のかたには,メールでお送りいたします。
★ 参加ご希望のかたはご連絡ください
   E-mail : kanzisido@yahoo.co.jp

例会のご案内


*漢字指導法研究会の月例会は,毎月,第2土曜日の午後2時から4時30分までの予定でおこなっています。

★参加ご希望のかたはご連絡ください★
      E-mail : kanzisido@yahoo.co.jp

 

例会報告のページ   例会案内のページ