いっしょに 研究しましょう


「どの子にもわかるように教えたい。」
「ひとみが,かがやく授業がしたい。」
「漢字をとおして,コトバのちからをつけたい。」

こうした,教師ほんらいのねがいにこたえる道をさぐる,
その方法をわたしたちは,探究しています。
いっしょに研究しましょう。
そして,あなたのお力を,お貸しください。

例会のご案内

漢字指導法研究会12月例会

日時:2017年12月9日(土)午後2時~4時30分
会場:東京都内  
内容:漢字の授業案づくり-小学校2年生
報告者:綿貫菜穂(東京・公立小学校)

★参加ご希望のかたはご連絡ください★
      E-mail : kanzisido@yahoo.co.jp




  国字研 40年めに


 ことしは,1977年9月に国字研(国字問題研究会・漢字指導法研究会)を結成してから,40年めをむかえます.

 この年の1月,当時の国語審議会は,「当用漢字表」(1850字)に81字を加え,33字を削り,さしひき50字をふやすという「新漢字表試案」を発表しました.これに対して,この「試案」がふくむ危険な意図をあきらかにするとともに,だれにとってもわかりやすく通じやすい日本語や漢字が広く社会で使われていくようなありかたを検討する場として,国字研がスタートしました.
 発足の直後に,研究参与として国字研の理論的主柱であった大久保忠利は,『朝日新聞』論壇欄で「新漢字表試案に反対」との論陣をはりました.
 国字問題への視点が集約的にしめされており,こんにちにも通じるものです.

   新漢字表試案に反対「ゆとりのある教育」に逆行する
                    (大久保忠利)

 
 1981年10月1日,「常用漢字表」が内閣告示されました.
 当用漢字表の1850字に対して95字増の1945字となりました.そこには,さまざまな問題点をはらんでいました.

 告示に先立つ,3月23日,国語審議会が「常用漢字表」を可決し,文部大臣に答申しています.

 これについて国字研は,7月30日に
「〝常用漢字表〟の制定は,日本の国字問題を混乱させ,子どもたちをひどい漢字地獄におとし入れる」とパンフレットを刊行し,民間諸教育団体にむけてはたらきかけました.

 このときのパンフレットの内容は,現行の「常用漢字表」の問題点にも通じるところがあり,いまでも参考となります.
 以下にリンクしました.


パンフレット『漢字問題について真剣に訴える』
       1981年7月30日(PDF) 全18ページ
   要望 1981年5月1日 
    「常用漢字表」に対する声明ならびに要望
   講演 1981年4月11日
    「常用漢字表を批判する」
     一人の国語学者としての対決 大久保忠利