いっしょに 研究しましょう

「どの子にもわかるように教えたい。」
「ひとみが,かがやく授業がしたい。」
「漢字をとおして,コトバのちからをつけたい。」

こうした,教師ほんらいのねがいにこたえる道をさぐる,その方法をわたしたちは,探究しています。

いっしょに研究しましょう。 そして,あなたのお力を,お貸しください。

国字研が雑誌『世界』で紹介された。

国字研11月例会プログラムのなかの「国語教育にかかわる話題」で。
「雑誌『世界』11月号。東京学芸大学・大森直樹さんが、漢字指導法研究会が1984年に漢字を系統的に学べるようにするため指導要領の学習量削減の具体例として600字提案をしたことを紹介しています。しかし、指導要領はこの提案をいれずに逆に10字を追加し1006字で応じたと批判しています。」

こころある研究者が国字研の活動に着目し、評価してくださったことをうれしく思います。(To.)

例会のご案内

漢字指導法研究会12月例会

日時:2019年12月14日(土)午後2時~4時30分
会場:東京都内
内容:小学校1年生の授業案検討「中」
提案者:大島慧太郎

●提案者のコトバ
漢字学習入門期の1年生に、漢字を学ぶ意義と楽しさを感じとってほしいと思っています。ご指導よろしくお願いします。
また、一字一字の指導にさきがけておこなった「漢字入門」の授業ビデオについてもあわせてご指導をお願いします。(大島慧太郎)


*漢字指導法研究会の月例会は,毎月,第2土曜日の午後2時から4時30分までの予定でおこなっています。

★参加ご希望のかたはご連絡ください★
      E-mail : kanzisido@yahoo.co.jp

【国字研11月例会から】
◆参加者が対等だから出るアイデア

例会参加者には、現職も退職者もいます。経歴も小・中・高と多様です。地域も様々です。
そんなかたがたが、じっと考えたり、天を仰いだり、身を乗り出したりしながら4年生「得」の授業案づくりに参画しました。

「得」の字誌や教科書掲載例、「得意顔」などの漢字語例一覧を用意してきた人、
『得』の基本義とその派生義を解説した人、
「ポイントを日本語に直すと?」からの導入など導入案をいくつか用意してきた人、
「『得る』は子どものことばにはないだろう。」や「『一字音読み語』は外国語が母語の子には理解しにくい。」との意見、
また「『水を得た魚』が教科書にありました。」との情報、
「子どもは得か損かが好きだ。だから、文づくりでは、たとえば『くじが当たったので得した。』などの『お得な話を書いてみよう。』と呼びかけると、『得』を入れた文をどんどん作るのではないか。」

などの知恵が出されました。

三人では文殊の知恵ですが、もっと大勢のときは何というのでしょうか。1月の授業報告が楽しみです。

 

 

 


第35回 漢字指導法研究会全国アカデミー
開催日:2019年7月28日(日)
2019年度は終了いたしました。2020年もこの時期に開催いたします。


『学びあえたアカデミーでした。』


「学びあい ことばの世界をひろげる漢字の学習」のテーマは、子どもだけでなく、おとなの参加者にもあてはまるものでした。

「私のクラスの○○くん、あの子やあの子にも似たような指導ができればいいなと思いました。」と感想を書いてくださった方がいます。

全国の先生方が少しでも子どものプラスになることはないかと模索し、疲れた体にむちうって、時間とお金をつかって研究会に参加してくださいました。そのおかげで、第35回漢字指導法研究会場が、参加者の皆さんの熱い想いで満ち、学びあう時間と空間になったと確信しています。

多くの方に支えられて成功した全国アカデミーでした。ありがとうございました。

        漢字指導法研究会(国字研)代表 紺屋冨夫

2019年第35回アカデミーの報告のページ