代表あいさつ 紺屋冨夫

紺屋冨夫
こんや とみお
国字問題研究会(漢字指導法研究会)代表

写真は,第26回全国アカデミーでのあいさつ
                   (2010年8月8日)

*********************************************

2018年 年頭のコトバ

いっしょに研究・実践交流しましょう。

 漢字指導法研究会(国字問題研究会)代表 紺屋冨夫

 さっそくですが。「丁寧」「真摯」が好きな政治リーダーがいます。しかし、的外れのことを何度もくりかえすことを「丁寧」「真摯」と言っているように聞こえます。コトバをもてあそんでいるように思います。コトバが軽くなっているように思います。  

 一方、常用漢字表の漢字増加と歩調を合わせて、社会では「忖度」などの難語が平気で使われるようになり、また小学生に理解できないような漢字・漢字語をさも容易に身につくかのようにうたう書籍の広告が目立つようになりました。いま、誰にもわかりやすい文字やコトバを使う優しい社会ではなく、特別に訓練された人だけが情報を独占できる社会になろうとしています。

 私たち国字研は、思考や情報交換の道具としての和語や漢字語を的確に使える子どもを育てようと考えています。漢字のクイズ番組に出るような無意味な漢字や使い方を学校で教えることをよしとしません。

 月一回の例会では、指導予定漢字、例えば「得」のイメージは何か、理解し使えるようになってほしいコトバは何か、教科学習や日常生活とどんなつながりがあるかなどを、子ども理解・学級づくりと関わらせながら検討しています。

 学校がブラック職場の代表におどり出ました。そのような中でも、若い先生が時間をやりくりして研究会に参加しています。子どもに確かなコトバの力と未来を切り開く力をつけてほしいと願っているからです。国字研は、みんなが意見を出し合います。そのいいとこどりをして教室に向かいます。

 本年も例会、夏のアカデミー、メルマガ等にご参加ください。いっしょに研究・実践交流しましょう。
                                   2018年1月1日

**************************************************

2017年7月31日

第33回漢字指導法研究会全国アカデミーでの代表あいさつ

               漢字指導法研究会 代表 紺屋冨夫


 本日は暑い中、またお忙しいところを第33回漢字指導法研究会にご参加いただきましてありがとうございます。ごあいさつ申し上げます。

(1)早速ですが、クイズです。

子どもが テストで次のように書きました。○ですか、×ですか。

①木(2画め終筆がハネの場合。2画め終筆がトメの場合。) 

②化(3画めがハライではなく、左から右への横棒の場合。3画めが4画めの縦棒を突き抜けている場合。4画め終筆がハネではなくトメの場合。)

③改(3画めが曲げ・トメの場合。3画めが曲げ・ハネの場合。3画めが縦・ハネの場合)
       
答えは、2010年(平成22年)に 総理大臣名で告示された『常用漢字表』に書かれています。
これは、1949年(昭和24年)の「当用漢字字体表」の考えを受け継いでいるものです。
しかしながら、その総理大臣告示の趣旨が教育現場では徹底していません。そこで、国の文化審議会国語分科会が、それを問題にしました。
そして、「近年 文字の細部に必要以上の注意が向けられ、正誤が決められる傾向が生じている。」として検討を加えました。
その結果が昨年2月 文化庁から「字体・字形に関する指針」として報告されました。
それによれば、答は、先ほどの例はすべてが○です。

(2)テストでの○×に関連したことで、昔の教え子から突然メールをもらいました。

彼女、Kさんと言い外国に暮らしていますが、「自分の夫が外国人なので漢字を知ってもらいたいと思い、参考書を探していたところ漢字指導法研究会にたどり着きました。そこのHPを見ていたら先生の名前が載っていたので、担当の方に連絡をとってアドレスを教えてもらいました。」とのことでした。

その後のやり取りで、Kさんは小学生の時は漢字が好きで勉強もしたと言います。
ところが、中学生になったら、テストで自分では完璧にできたと思っていたのにトメ・ハネ・ハライで何度も×にされたと言います。先生に訴えたけどだめだったと言います。
それからは もう漢字の勉強はしなくなったそうです。その先生の漢字の指導は、やる気をなくす意味しかなかったのだと思います。
Kさんは、社会人になってから、一度もトメ・ハネ・ハライが話題になったことがないのにと言っていました。

(3)Kさんの例は特殊でしょうか。

ネットで、「漢字ドリルのマスから 1ミリもはみ出してはいけない。」との授業での指示のことばを見ました。また、新出漢字の指導といえば、ほとんど筆順ばかりのものが多いように見えました。

(4)一体 漢字指導とは何を教えるものなのでしょう。

肝心の漢字の意味は、授業ではどう指導したらよいでしょう。
具体的な指導については、授業ビデオ等をまじえ、この後の基本提案や午後の分科会で提案します。ご検討をお願いします。
終わります。

第33回全国アカデミーの報告

 

***********************************************************

2017年 新年のごあいさつ

教師もわくわくする漢字の授業を!

       漢字指導法研究会(国字問題研究会)代表 紺屋冨夫

「子どもたちも授業を楽しみにしているが、教師もわくわくしながら取り組めた。」(児言研会員ニュース2016.12)

 若い先生方がベテランの先生のご指導を得て、読みの授業に取り組んだ感想の一部です。

 また別の先生は、「教師の思いつかなかった発言が出てきた。」や「授業を通してひとりひとりの子どもの思いや考えが見えてきた。」とも述べています。

 上記 別の先生がたのような感想は、国字研の1セット5過程方式の漢字の授業報告でよく聞かれることです。
 しかし、「教師もわくわくしながら取り組めた。」のような感想は、数限られています。

 私たちは、子どもたちに力をつけながら、教師自身がわくわくする授業、駆けつけたくなる教室を作っていこうと思います。
 そのために、学校づくりや学級づくり、授業づくりにも知恵をあつめます。

 他方で、「楽しい授業」や「教師もわくわくする授業」づくりに障害となる学校・教師への規制強化や漢字数増やしについて目をこらし、声をあげていきます。

 本年もどうぞよろしくおねがいします。


**************************************************************

会の紹介