見城慶和(元委員長)

見城慶和
けんじょう よしかず
国字問題研究会(漢字指導法研究会)第2代委員長

1937年群馬県沼田市生まれ
東京学芸大学卒
1961年から42年間,都内の公立中学校夜間部に勤務
国語担当
長年の実績が評価され,1999年に吉川英治文化賞受賞
山田洋次監督・映画『学校』(第1作)の主人公のモデルの一人
2003年定年退職後もなお、夜間中学生を中心にした学びの場「えんぴつの会」を運営している
映画『こんばんは』の製作のもととなった「夜間中学校の記録映画の製作を支える会」の世話人代表
児童言語研究会・国字問題研究会(漢字指導法研究会)などに所属
国字研の漢字精選案検討にかかわる
語イ指導・漢字指導の論文多数


1962年

1962年


1983年5月26日NHK総合テレビ
NHK教養セミナー「日本語再発見 文字は宝」に出演


1993年  映画『学校』(がっこう)山田洋次監督 松竹作品
 幅広い年代の生徒が集まる教室を舞台に,挫折や苦境から立ちあがる人々を描いた.
 西田敏行が扮する主人公の黒井先生役は,荒川九中にいた見城さんらがモデルとなった.



1999年 第33回吉川英治文化賞を受賞 
 
受賞理由:夜間中学校教育一筋に取り組み,困難の中勉強を続ける生徒たちに励ましと自信を与え,すぐれた教育成果をあげている. 

吉川英治賞(よしかわ えいじしょう)は,財団法人吉川英治国民文化振興会が,優れた文学小説,並びに文化活動に取り組んだ人物や団体に贈賞する制度.吉川英治文学賞,吉川英治文学新人賞,吉川英治文化賞の3賞がある.このうち吉川英治文化賞は,「日本文化の向上につくし,讃えられるべき業績をあげながらも,報われることの少ない人,あるいは団体に贈呈される」もの.


2003年  長編記録映画『こんばんは』
 東京都墨田区立文花中学校の夜間学級が舞台.見城慶和さんらが教壇に立っている.そこには様々な理由で『普通に学ぶ機会』を得られなかった人々が年齢・国籍に関係なく学んでいる.異年齢間の交流,教師と生徒の温かい人間関係,そして受験競争のための勉学ではなく,生きるために学ぶ真摯な姿.この作品を通してあなたはあなたが学び始めたときのことを思い出すはず・・・.   
【監督】森康行
【プロデューサー】中橋真紀人 
【映画に参加して下さった方々】墨田区立文花中学校夜間学級の生徒・教職員の皆さん
【ナレーション】倍賞 千恵子 

第58回 毎日映画コンクール 記録文化映画賞
キネマ旬報2003年度ベストテン 文化映画 第1位
日本映画ペンクラブ賞 日本映画ノン・シアトリカル部門 第1位
第1回文化庁映画賞 文化記録映画大賞
第9回 平和・協同ジャーナリスト基金 基金奨励賞
「高知のオフシアターベスト10」日本映画部門 第1位


2003年12月12日テレビ朝日系列 『徹子の部屋』に出演



2005年1月27日
財団法人東京都人権啓発センターと人権啓発資料センターが共同して開催した「人権啓発指導者養成セミナー」に講師としてまねかれました.東京ウィメンズプラザに147名があつまりました.

演題「学ぶ楽しさ,すばらしさ(生きる力を支え励ます学び)」
 その1 生徒さんたちの思い出
 その2 夜間中学校の変遷
 その3 ゆとりある学校を
  リンク先:東京人権啓発企業連絡会のウェブサイト


2006年11月8日~4回 NHK教育テレビ
 NHK教育テレビ「知るを楽しむ」
  夜間中学校は僕らのふるさと
 
 女優の大竹しのぶさんのナレーション,上田早苗アナウンサーのインタビュー,それに教室での映像などをまじえ,4回連続で,40年以上にわたる夜間中学校での実践をふりかえる構成でした.全国アカデミーの「中学校・高校分科会」で報告された「生活基本漢字」や「生きる力を支え励ます文法」についてもくわしくおはなしされました.


2007年4月7日 NHKラジオ第1放送
土曜ジャーナル 4月7日(土)22:15~22:55 に出演
学びの原点ここにあり!~60年を迎える夜間中学校の取り組み~
スタジオゲスト:見城慶和司会:石川光太郎(NHKジャーナル)


2008年4月8日 NHK総合テレビ
生活ほっとモーニング「もう一度学びたい」
出演者  山本一力 見城慶和 


2012年10月9日 NHK総合テレビ
『にっぽん紀行』
「“世界一”の日時計~東京スカイツリー界隈(わい)~」

 「自立式の鉄塔としては“世界一”の高さ」という東京スカイツリーですが,そのスカイツリーの影が作る〝日時計〟も“世界一”の大きさです.番組では,女優の谷村美月さんが案内役をつとめ,その影が指すポイントを時間を追ってたどりました.カメラは,人気スポットのスカイツリーとは対照的に,影が示す先で,懸命に生きるさまざまな人々のすがたをとらえます.
 墨田区文花1丁目の廃校となった旧曳舟中学校校舎の教室では,午後になると,勉強会がはじまります.公立中学校夜間学級を卒業した後も,もっと基礎学習を積み重ねたいという願いをもつみなさんがここにつどいます.夜間学級の先生たちが勤務時間前にボランティアでおこなっている勉強会「えんぴつの会」です.
 番組では,見城慶和さんと生徒さんとのあたたかい交流の様子を描いています.「郵」という漢字を国字研の漢字プリントをつかって,いっしょうけいめい学習する様子がうつしだされます.
 この校舎,墨田区によって取り壊され,大学に転売されるという計画にも番組はふれていました.“世界一”のおひざもとの現実がうつしだされました.


2015年2月7日~13日 夜間中学映画祭 ポレポレ東中野にて

◆ 夜間中学:教員や保護者ら「映画祭で拡充を」 中野で2月
 毎日新聞 2015年1月31日〔引用〕

 夜間中学の教員や生徒の保護者らが、夜間中学をテーマにした映画祭を2月7日から13日まで、東京都中野区の「ポレポレ東中野」で開催する。幻の映画とされていた本多猪四郎(いしろう)監督の「夜間中学」(1956年、44分)など計4本を上映。保護者らは「映画祭を通じて夜間中学の拡充を進めたい」と意気込んでいる。
 夜間中学は現在、8都府県に31校しかないが、超党派の国会議員連盟が昨春に結成されるなど拡充を目指す動きが出ている。学ぶ喜びを温かく描く作品で理解を広げ、後押ししたいと保護者や教員ら12人で実行委員会を結成した。
 「ゴジラ」で知られる本多監督の作品は、働きながら夜間中学に通う主人公が昼間に学ぶ生徒と共有する机での手紙の交流を描いた物語。日本大学芸術学部製作で、当時の大映が配給した。同学部出身の宇野重吉や小林桂樹らが出演する。
 実行委によると、版権元にフィルムがない「幻の映画」とされていたが、メンバーで元東京都墨田区立文花中学夜間学級教諭、関本保孝さん(60)が同学部にあることを突き止めた。
 他に上映されるのは、規則変更で大阪府の夜間中学に通学できなくなったものの、私立高校の食堂で勉強を続ける奈良県の生徒を題材にした盛善吉監督の「うどん学校」(76年、25分)
▽文花中夜間学級を舞台にした森康行監督のドキュメンタリー「こんばんは」(2003年、92分)
▽山田洋次監督の日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作「学校」(93年、128分)。
 「学校」の登場人物のモデルの一人で「こんばんは」にも登場する元文花中夜間学級教諭、見城慶和さん(77)は「『学校』の上映後、夜間中学生が目に見えて増加するなど影響は大きかった。映画祭が成功すれば、国も拡充に向けて法制化を急ぐはずだ」と期待する。


◆ 毎日新聞コラム「余録」2015年7月12日〔引用〕
 宿題の作文を先生にほめられ、はにかむ女性は79歳になる。週に2回通うのは、廃校になった東京・下町の小学校。扇風機の風が心地よい。自主夜間中学「えんぴつの会」の教室だ。正式な学校ではない。退職した教師らがボランティアで教えている▲戦争のせいで、女性が小学校に通えたのは2年生までだ。漢字は読めても書けない。いつか学校にと思い続けたが、縫製の仕事を休めない。結婚して子どもが生まれてから、病院や学校で書類に記入が必要な場合は夫と息子に頼んだ。夜間中学に入ったのは67歳。「初めて日記を書いた時がいちばんうれしかった」。今は辞書を引きながら難しい漢字も書く▲先生の見城慶和さん(77)は夜間中学一筋だ。山田洋次監督の映画「学校」のモデルの一人でもある。「みなさんの目が輝いているでしょ」。学びたい人は年齢や国籍を問わず誰でも入れる。中国人も韓国人も、いじめられて学校に行けずに卒業証書だけもらった若者もいる▲小中学校の不登校12万人、高校中退6万人。見城さんは今の学校が新幹線より速いリニアモーターカーではないかと思う。ついていけない人は、再び乗れないのか▲見城さんが若いころ、タケさんという生徒がいた。家が貧しく、子守で学校に行けなかった。53歳で初めて年賀状を書いた。ひと文字ひと文字、懸命に書いた。先生にも一人残らず年賀状を出した▲タケさんは卒業する時の作文につづった。<ずいぶん年をとってから/私は私の乗れる汽車をみつけた/それは夜間中学校という鈍行列車>。えんぴつの会は今週末から夏休み。秋にはまた列車のドアが開く。


◆ (大竹しのぶ まあいいか)今、歌を通して伝えたいこと
 朝日新聞2015年10月9日夕刊〔引用〕

 今、頑張って、お稽古してます
 11月にコンサートを開くことになった。歌手でもない女優の私がなぜコンサートを? と、思われるかもしれないが、15年ほど前から実は時々、歌っているのです。
 小さい時から歌が好きで、ミュージカルで歌ったりもしてきたが、年々歌いたいという気持ちが強くなってきたのは確かだ。それはなぜだろう。
 2、3時間掛けて、役を通して気持ちを伝える芝居と違って、歌はストレートにその人の心に触れることが出来る。例えば、エディット・ピアフの「愛の讃歌(さんか)」や「水に流して」を歌う時、「もういいの。もう後悔しない」と歌えば、私は一人一人の後悔に触れられる。「お母さん」とか「故郷(ふるさと)」と歌えば、一人一人のお母さんや故郷に触れることが出来る。一つのステージの中で、私は激しい女にも、悲しい女にも、恋をしている少女にも、少年にさえなることができる。
 頑張ろうよ。強くなろうよ。生きていこうよ。優しくなりたいな。元気だそうよ。そんな言葉を素直に伝えられるのも歌だからこそなのかもしれない。

 もう十数年も前の話だが、夜間学級を見学したことがある。教師を退職なさった見城慶和先生が、色々な事情で義務教育を受けられなかった人たちのために始めた「えんぴつの会」という学びの場。中高年の方たちが学ぶクラスは、とても温かかった。国語の時間、「雨ニモマケズ」の詞を先生が黒板に書いている。

 雨ニモマケズ――
 一日ニ玄米四合ト味噌(みそ)ト少シノ野菜ヲタベ――

 すると、一人のおじいさんが言う。「食べ過ぎだなぁ」。誰かがクシャミをすると、授業中なのに立ち上がり、後ろに置いてある自分のバッグから風邪薬を取り出して、「ホラ、これ飲んどき」。楽しくて、嬉(うれ)しくて、涙が出そうだ。

 授業の最後、先生は私に向かって、歌を歌ってくださった。先生がお作りになったという秋の歌だった。「もみじが赤く散ってるよ。もう秋だね。もうすぐ冬だよ」。そのような歌詞だったことしか覚えていないけれど、先生の気持ちは一生忘れることはないだろう。そんな歌を歌えるようになりたいと心から思うのです。


◆ 夜間中学:「学び直しを」 役割変化で文科省がPR
 毎日新聞2015年12月24日〔引用〕

 夜間中学はあなたを待っています??。国が公立の夜間中学校のPRに乗り出した。内閣府は授業風景を紹介するネット動画を公開し、文部科学省は重要政策を取り上げる広報誌で初めて特集した。年明けにはラジオの政府広報でもアピールする。文科省の担当者は「夜間中学の生徒を増やし、増設につなげたい」と語り、夜間中学の拡充を求めてきた人たちは「時代が変わった」と感慨深げだ。〔中略〕
 教員有志や卒業生らと夜間中学の拡充を求めてきた東京都の元夜間中学教諭、見城慶和さん(78)は「国は長い間、夜間中学に関心を持たなかったが、義務教育の実質的な保障のために必要だとようやく気づいた。方針転換を歓迎している」と話している。


◆ 毎日新聞コラム「余録」2016年3月28日〔引用〕

石川啄木の歌集「一握(いちあく)の砂」にこんな作品がある。

<とかくして家を出(い)づれば/日光のあたたかさあり/息ふかく吸ふ>。

悲しく暗いイメージがついて回る啄木だが、日の光を浴びた時に全身で感じた気持ちが伝わってくる

△東京の夜間中学に通う一人の女子生徒が気に入った歌がそれだった。1980年代、教員の見城慶和(けんじょうよしかず)さん(78)が教えた生徒だ。
自分に自信が持てない。中学校で不登校になり、家に引きこもった。ようやく夜間中学に来ても一言もしゃべらない。けれど少しずつ変わっていく

△彼女は国語が得意だった。先生はたくさんの文学を読ませた。啄木の歌を基に「いまの気持ちを書いてみたら」と勧めた。彼女はこう詠んだ。
<あたたかき光を浴びて/かがやける 菜の花畑を/渡るそよ風>

△不登校の時は春が来て桜や菜の花が咲いても楽しくない。それが、春の風を気持ちいいと感じられるようになったのだ。見城先生は「ああ、この子はもう大丈夫なんだ」と思ったという。彼女は山田洋次監督の映画「学校」に登場する不登校のえり子、見城先生も西田敏行さん演じる黒井先生のモデルの一人だ

△不登校の子供らの学習をどう支援すべきなのか。就学機会を確保する法案を超党派の議員連盟が国会に提出する。そもそも学ぶとは、学校とは……。議論ではそこが問われているのではないか

△あの女子生徒は高校に進み、皆勤で卒業した。見城先生に送った手紙にはこうあったという。
「もう後ろを振り向かなくても、自分らしく生きていけます」。
もうすぐ新学期が始まる。
春風の中、息を深く吸う。学校はそんな場所であってほしい。


2016年8月21日
基礎教育保障学会が設立,見城慶和さんが基調講演

 すべてのひとに基礎教育が保障される社会をめざして「基礎教育保障学会」が8月21日に設立されました.当日の研究大会では見城慶和さんが,自身の教育実践のあゆみをたどり,漢字精選の意義についてちからづよく講演され,参加者は熱心にききいっていました.
                         
◇第1回研究大会のようす
 8月21日に,立川市の国立国語研究所で,基礎教育保障学会の設立総会と第1回研究大会がひらかれました.
 研究大会で,歓迎あいさつに立った副会長の野山広さん(国立国語
研究所・日本語教育)は,会場をひきうけたいきさつや,全国識字調査
について語りました.
 ついで文部科学事務次官の前川喜平さん,全国夜間中学研究会事務局長の須田登美雄さん(足立区立第四中学校夜間学級)からお祝いのあいさつがありました.
 前川さんからは「憲法・教育基本法を生かすうえでも基礎教育の“保障”が重要」と熱意のこもったおはなしがありました. また,須田さんからは,全国夜間中学研究会のとりくみについて紹介がありました.
 そして事務局長の関本保孝さん(えんぴつの会)から,お祝いのメッセージがよみあげられました.メッセージは,義務教育拡充議員連盟のみなさんと,漢字指導法研究会(国字問題研究会)から寄せられました.
  そして,「基調講演Ⅰ」として,大安喜一さん(岡山大学/元ユネスコ・ダッカ事務所)から「アジアにおける基礎教育の完全普及に向けて~途上国支援と共に相互協力へ~」がありました.

 昼食・ポスター発表をはさんで「基調講演Ⅱ」として,見城慶和さんから「夜間中学の生活基本漢字381字~選定の背景とその指導~」がありました.

 最後に,リレートーク「基礎教育保障学会の将来を語る」,閉会あいさつがありました.

◇見城慶和さんの基調講演から           
 「漢字を増やすことは,こどもたちが消化不良をおこして学力をのばさないことにつながります.国語だけでなく,どの教科も小学校3,4年で消化不良をおこし,学力不振におちいる傾向があります.そして,不登校をおこすカベになってきています.過大量のおしつけは,ゆゆしきことです.」
 見城慶和さんは,中教審の新学習指導要領の審議で小学校で学習する漢字を増やそうとする案が出されていることについて,「こどもをスポイル化する害になる」とはっきり指摘されました.
 1時間にわたる講演は,つぎのようにまとめられました.
 「『大漢和辞典』を見ると,漢字は5万字を数えますが,しょせんは砂漠の砂.ダイヤモンドのような生活基本漢字をしっかり習得すれば,あとは磁石が吸いつけるように,それぞれが必要とする漢字は,楽に覚えられるのです.」
 「その指導法は,国字研が25年近くわたって,営々と築き上げてきた1セット5過程です.これを全国にひろげていきたいとおもいます.こどもたちを漢字地獄から救いたいというのがきょうのわたしのおはなしです.」

…………………………………
◆新聞記事から

◇記者ノート「381字の生活漢字」(高木香奈記者)
 毎日新聞2016年8月29日朝刊〔引用〕

 「381字の漢字をしっかり習得すれば、あとは磁石が砂鉄を吸い付けるように、必要な漢字を楽に覚えられる」。
 東京都の夜間中学元教諭で、退職後は学習支援のボランティアを続けている見城慶和(けんじょうよしかず)さん(78)が話した。
 見城さんによると、戦後の混乱などで学校に通えず、学齢期を超えた人たちが夜間中学に入学してくるようになったのは1960年ごろ。
 大人になって漢字を覚えるのは、子どもの時とは別の難しさがあると感じた見城さんは当時、同僚と「履歴書」「病院」「交通」など状況別に必要な漢字381字を「生活基本漢字」として選び出し、テキストを作った。

 2010年の国勢調査では、小中学校に一度も通えなかったり小学校を中退したりした未就学者は12万人以上。さまざまな事情で学べずに大人になった人たちが多い実態がわかるにつれ、「学び直し」のニーズも高いとみられるようになった。

 各地の「学び直し」の実践を共有しようと見城さんらが呼び掛け人になり今月、「基礎教育保障学会」が発足した。各地の研究者や学習支援のボランティアなどが参加した設立総会で、見城さんは「生活基本漢字を普及させて、漢字で苦労する人を減らしたい」と訴えた。色あせた手作りのテキストが、再び輝こうとしている。

◇貧困、最低限の学びを 研究者・元教員ら、学会きょう設立
 朝日新聞2016年8月21日〔一部引用〕

 見城慶和(よしかず)さん(78)=千葉県松戸市=らは東京都内の夜間中学教員だった1976年、学校に通った経験がない人のため最低限必要な漢字を選んだテキストを作った。「基礎」「履歴書」「病院」など14の柱立てで「一二三」「氏名」「薬」など381字を載せた。「各現場の手法が互いに応用しやすくなる」と学会の意義を語る。


2016年11月18日
「まなぶ 通信制中学・60年の空白を越えて」(太田直子監督)試写会でアフタートーク


2017年1月14日
 「夜間中学を知る集い」福島市民会館
 福島に公立夜間中学をつくる会・主催

 大谷一代・代表「どんな学校なのか広く知ってもらい、公立中学設置への機運を高めたい」とあいさつ。
 上映したのは、高齢者や外国人、不登校経験者らが通う東京の夜間中学を舞台にした「こんばんは」。
 映画に登場した元専任教師の見城慶和さんも駆け付け「夜間中学があると地域の教育力が増す。ぜひ福島にもつくってください」と呼びかけた。
 講演では、文部科学省の前川喜平事務次官が公立夜間中学の設置促進に向け、昨年12月に議員立法で成立した教育機会確保法や教育を受ける権利の重要性などを説明した。

◆ 河北新報「デスク日誌」2017年1月24日〔一部引用〕

 2003年製作の「こんばんは」(森康行監督)は東京都墨田区の公立夜間中学で学ぶ人々を追ったドキュメンタリー映画だ。
 読み書きができなかった70代の町工場経営者、中学で不登校となった17歳の少年ら、生徒は年齢も国籍も違う。共通するのは「学びたい」という気持ち。学校は境遇の異なる互いを理解する場にもなっている。〔中略〕
 福島市での上映会には映画に登場した夜間中学一筋の元教諭の見城慶和さんが駆け付けた。活動が評価され、1999年には吉川英治文化賞を受けている。
 「夜間中学があると地域の教育力が増す」と見城さん。
さまざまな人が校門をくぐる地域があちこちにあってほしいと強く思った。
                (福島総局長 安野賢吾記者)



◆夜間中学の温かさ
 毎日新聞神奈川版コラム「記者のきもち」2017年4月30日〔引用〕

 ドキュメンタリー映画とお話で夜間中学を知ろうというイベントが、25日に県庁であった。
 講演された見城慶和さんは42年間、都内の公立中学で夜間部の教壇に立ち、退職後も夜間中学の卒業生らが通う自主学級「えんぴつの会」で教えている。

 見城さんは山田洋次監督の映画「学校」で西田敏行さんが演じた黒井先生のモデルの1人だ。映画には黒井先生が校長先生に呼ばれて「そろそろ異動を」と言われるが、断る場面が出てくる。実際、見城さんも同じことを繰り返し、夜間中学で教え続けたという。

 講演の数日前に、見城さんと電話で話した。今年80歳になられるというが、張りのある声で、楽しそうに教師の経験を話してくださった。教えることをやめたら玉手箱を開けた浦島太郎のようになってしまうだろう、と言って笑っておられた。

 夜間中学に通う生徒たちは年齢も人生経験もさまざまだ。「学校」に登場する生徒も中国人と日本人のハーフ、韓国人のオモニ(母)、元不登校児や清掃会社員と多彩だ。多様な人々が集う場には懐の深さと人々を包み込む温かさがあるのだろう。夜間中学に行ってみたくなった。(石塚淳子記者)

会の紹介