例会報告

漢字指導法研究会の月例会で,参加者から寄せられた感想の一部を紹介します.

◆2018年7月例会

日時: 2018年7月14日(土)午後2時~4時30分
内容:4年生の授業報告(「改」)
提案者:大島慧太郎(東京・公立小学校)

◆2018年6月例会

日時:2018年6月 9日(土)午後2時~4時30分
内容:「漢字教育の基本提案」の事前検討
提案者:鳥羽大河(埼玉・公立小学校)

一言感想(抜粋)
◎ 大変な仕事お疲れさまでした。こどもの実態から入った導入はよ
 かったです。言語理論のところは,難しいところですので,文章以
 上にかみくだいた言葉や実践例をあげてお話しいただけるといいな
 あと思います。

◎ ポーンちゃんの話は,本当に言語意識直結観をわかりやすく伝え
 てくれると思いました。その感想を夏季アカデミーの参加者にも実
 感してもらえるとうれしいです。1セット5過程の模擬授業がんば
 ります。

◎ これまでもそうでしたが、日記や作文などことばのやりとりをと
 おして、子どもや級友の思い・生活を読み取り、子どもに寄り添っ
 ていく鳥羽さんの姿に改めて感銘を受けました。
   報告では子どもを支援することの具体的な流れが目に見えるよ
 うでした。そして、その中心にコトバのやりとりがあることも改め
 て感じました。
   漢字指導法研究会ではありますが、狭い意味の「漢字」ではと
 てもカバーできない「人格育てとコトバ」との関係が示されていて、
 今後の指針となります。ありがとうございました。

◆2018年5月例会

日時:2018年5月12日(土)午後2時~4時30分
内容:2年生の授業報告「番」
報告者:綿貫菜穂(東京都公立小学校)

一言感想(抜粋)
◎ 小学生にとって,漢字の意味を理解するということは,どういう
 ことかを改めて考えられる機会となりました。また,字形は,分析
 し分解しても,その部分(本時でいうところの「番」の『米』)自
 体が定着しているものかどうかも,教材研究の対象なのだと知るこ
 とができました。綿貫さんありがとうございました。

◎ 「番」という漢字には訓読みがなく(〝つがい〟と読めるが小学
 2年生では扱わない),順番という意味を知るために「順番」とい
 う言葉で説明しなくてはならない歯がゆさに対し,「数に関するこ
 と?」と言った児童が糸口になるという話が重要だと思いました。
 いかに児童の言葉を拾うことができるか,予想していること以上の
 発言をすることもあるということも気づき,自分も児童の反応を拾
 える目と耳を養っていかなければならないと思いました。

◎ 「番」を「一番」「五番地」のような数字をともなった順序から
 説明し,そのあとで「週番」「当番」のような順序をともなった役
 目の意味に発展し,役目・見張りの意味がより強まる「交番」「番
 をする」のことばが生まれたとするAさんの意見に感服した。訓読
 みがなくて熟語はたくさんあっても,「番」一字の説明は抽象的で
 難しい。ビデオを見ての感想で,AさんやBさんは,児童の服や席
 順や下をうつむいているなど,よく見ていて,観察眼のこまやかさ
 に感服した。

◆2018年4月例会

日時: 2018年4月14日(土)午後2時~4時30分
内容:2年生の授業案づくり(「教」または「合」)
提案者:羽島諒(東京・私立小学校)

一言感想(抜粋)
◎ 私も昨年度2年生を担任していました。
 「“教”は,“土の子攵”(つちのこのぶん)と書く」と子どもた
 ちから出てきました。「攵」は,部首好きな子が言いました。字形
 分析は,漢字を覚えにくい子には有効かなと思いました。
   教える……「1年生に○○を教える。」
   教わる……「教室で先生に勉強を教わる。」
    -実際に子どもから文づくりで発表されました。
 意味を教える(おさえる)のは,2年生でも大事だと思います。

◎ 羽島さんは,すでにご自分で様々な工夫をなさっていて,研究熱
 心で,素晴らしいと思いました。
  文づくりと交流は,1セット5過程の中でも特に楽しい学習活動
 (指導過程)なので,ぜひチャレンジしていただけたらと思います。
  また一緒に勉強しましょう!

◎ 目のまえのこどもたちのありのままのすがたを,しっかり見てと
 ろうとされている姿勢に,つよい印象をうけました。また,2年生
 という学年の学習課題をしっかりつかんでおられ,適切な指導をつ
 づけられるだろうと感じました。
  例会で話題になりましたが,つぎの3点が大事だと思いました。
 ① 「教」のように,字形がこみいった字については,組み立てに
  着目できるように習慣化する。そのために口唱法を一歩すすめて,
  「字体ストーリー」にとりくまれたらいかがでしょう。
  (一例)「つちのこに,算数を教えます。」
 ② 「教」の意味について理解できるようにすることが重要。「わ
  からなかったことを,わかるようにしてあげる。」「できなかっ
  たことを,できるようにしてあげる。」「自分が知っていること
  をつたえる。」などが「教える」でしょうが,2年生の段階では,
  辞書のように定義づけるのではなく,生活場面にひきつけて,
  「~は,~に~を教えました。」などの例文をいくつか発表しあ
  うなかで,体得できるようにしてみたらいかがでしょう。
 ③ 「文づくり」では,交流を,ぜひとりいれるようにされたらい
  かがでしょう。

◆2018年3月例会

日時:2018年3月10日(土)午後2時~4時30分
内容:漢字の授業報告-小学校4年生(指導漢字「清」)
     字体分析の過程を組みこんだ1セット5過程
提案者:榎本祐也(東京・公立小学校)


一言感想(抜粋)
◎ 「さんずい(水)」と「青」の字体分析,書き方ストーリー,子ど
 もたちが基本義と一緒に漢字を覚えられるという成果があったと思
 います。何より榎本さんの学級の温かさが伝わってきました。あの
 くらい良い発言がたくさん出ること,まちがっても大丈夫という雰
 囲気,いいなあと思いました。3年生から2年間持ち上がりだった
 のだと思いますが,漢字学習のスタートをどうされたのかお聞きし
 たいです。

◎ 提案の時に「写真を使うと良いのではないか」ということで,実
 際に授業に取り入れていましたが,非常に効果的であるなと報告を
 見ていて思いました。視覚化すること,「きれい」という意味を理
 解させるため扱う言葉を絞ったこと,児童の理解を助けるための手
 立てが的確で参考になりました。ありがとうございました。

◎ 今日は,榎本さんの授業を見て,1セット5過程の柔軟な対応の
 技を学べました。ストーリーはイメージを広げ,結果的に文づくり
 を豊かにしている。ひびき合いだなあと思う。人間の美的感覚は,
 二千年以上も変わっていない。そのイメージつまり学びを支える教
 材も字によって工夫できるなあと思った。

 

◆2018年2月例会
  日時:2018年2月10日(土)午後2時~4時30分
  内容:漢字の授業案づくり
     -小学校4年生(予定漢字「改」)
  提案者:大島慧太郎(東京・公立小学校)


一言感想(抜粋)
◎ 「改」という字,「改めて」という言葉が,子どもにとって身近ではないものだから,教えることの難しさを改めて知りました。勉強になりました。丁寧に教えていくことが大切だと思いました。安易に辞書を使わせず,考えさせることも大切だと思いました。

◎ 模擬授業を通して指導案を練っていくという進めかたが定着するとともに,いっそうの深まりを感じさせられた今回の例会でした。
 というのも報告者の大島さんが,①ふだんから学級のこどもたちのすがたをていねいに見ておられ,教育課題をしっかりとらえておられる,②事前の教材研究をとおして「改」という字の特質をあきらかにし,どのような反応が出るだろうか見通しをもっておられたからだと思います。学習指導の原則にそっており,こどもたちは生き生きと取り組むだろうなと思いました。言葉集めで「改札」を発表する子がかならずいるというクラスの実態に合わせて授業を構想されていました。であれば「改造」「改名」などの「改」と,「改札」の「改」のニュアンスの違いを考えさせるのも一案かと思いました。

◎ 他の先生の授業をあーだこーだ言って一緒に作らせていただくというのは本当におもしろいですね。「改」については自分自身は指導したばかりだったので,児童の反応を具体的に想像しながら意見を言えました。大島さんは子どもにこんな力をつけたいというしっかりとした考えをおもちですばらしいと感じました。


◆2018年1月例会
  日時:2018年1月13日(土)午後2時~4時30分
  内容:漢字の授業案づくり
     -小学校4年生(予定漢字「清」)
  提案者:榎本祐也(東京・公立小学校)

一言感想(抜粋)
◎ 「食べすぎて やねがふっとび 良かったな。」
  「良」という漢字を学習したときに,ある子がつくった〈字形ストーリー〉のひとつだそうです。「食」は2年ですでに学んでいます。「良」の字形について「食-ひとやね=良」とすることで一気にわかりやすくなります。しかも,遊び心いっぱいで思わず笑いがさそわれます。こっけいさが教室にみなぎったことでしょう。さらに,ただ字形を分解するだけで終わらせず,このストーリーには「良かった」という,この漢字の〈意味〉が短刀直入にこめられています。今年度,榎本さんの学級では,新出漢字の学習で,字形をよく観察し,つくりを分析し,各自がその漢字の意味と結びつく〈字形ストーリー〉を作り,それを発表・交流しあってきたそうです。「清」という字を学ぶときに,こどもたちがどんなストーリーをつむぎだすか,楽しみです。

◎ 「清」を「きよい」と私はふつうに使っているし,イメージも「清らか」というものが出てくるけれど,子どもたちに「清い」という訓のままでイメージしにくいというのが今日のことで気付きました。先月,「計」に「数える」という意味があることを,子どもに教えることの難しさと同様だと思いました。ただ,「さんずい+青」という形からみると,イメージはすっきりしていると思ったので,子どもたちには「きれい」という意味がわかりやすいのではないかと思います。
  榎本さんの「字形ストーリー」には及びませんが,今,2年生の子どもたちも,漢字の部分とか字と字の組み合わせについて見て,いろいろ言っているので,そういうことが漢字を覚える一助になると私も思います。

◎(1)「字形を楽しむ自力学習」の開発
  「清」から「さんずい」「青」の部分を見出し、それらを使った字形ストーリーをつくり、ペアーで説明しあう方法について。
 ①自分なりに字形を分析し、筆順を踏まえて句や文にまとめることは、楽しみながらできる自力学習です。また、②ペアーでそれを説明しあうのは、表現力をつけるとともに、作品を評価しあいながら人間関係をつくる学習です。自分で見つけたことは、忘れません。この方法は、字形が苦手な中学、高校生にも有効だと思いました。定着調査の結果が待ち遠しいです。
 (2)授業者とともにつくる模擬授業
  授業者が参加者に見せる模擬授業ではなく、授業者ともども授業場面を想定しながらの模擬授業は、スマートではありませんが、研究場面に参画している感があり、まさに文殊の知恵という感じがしました。授業案づくりの一つのスタイルになると思いました。

◆2017年12月例会
  日時:2017年12月9日(土)午後2時~4時30分
  内容:漢字の授業案づくり
      -小学校2年生(予定漢字「計」)
  提案者:綿貫菜穂(東京・公立小学校)

一言感想(抜粋)

◎ 「計」の字を扱っていただいたことで,一見易しそうな漢字にも深い意味が根っこのようにつながっているのだなあと考えることができました。
  2年生にとって“計画”や“タイミングを計る”の“計”が十分理解できなかったとしても“種をまいておく”意味で“数える”という例だけでなく“考える”について例をあげておくことは,意味があると思います。中学生も“はかる”の使い分けは難しいので,私自身今日の話の中で整理されてよかったです。

◎ 教える一字について,今までしっかり考えてこなかったことを痛感しました。字の元々の意味,そこから派生してできた意味,それぞれの意味で使われている熟語等,子どもたちにしっかり教えてあげるべきだったと思います。初めて例会に参加させていただき自分の授業を見直すきっかけができました。

◎ 多様な経験をもつ参加者みんなで,授業案を考えるよさが,はっきりあらわれた例会でした。「計る」というコトバが,2年生の子にすとんとおちるには,どうはたらきかけたらよいかという課題を話しあったときのことです。「いち,に,さん,し,ご……」と数えながら〈時間を計る〉体験を取り入れたらどうだろうとの提案がありました。「先生が教室を一周するけど,何秒かかるでしょう。」と投げかけてみるとか,「紙飛行機を飛ばして時間を計ってみよう。」とやってみるなどのアイデアが出されました。授業者からは,「生活科で紙飛行機を作って,それを飛ばしてタイムを計ってみたら子どもたちも,はり切る。」と事前に実体験を取り入れてみたいとの考えが出されました。そして国語の授業で「“時間を計る”は,漢字で書くとこれです。」と「計」の授業に入るという流れです。〈意味の理解〉につながる漢字指導を進めたいという授業者の熱意がつたわってきました。  
 また,板書計画で,音訓の提示に,なるほどと目を開かされました。ふつう送りがなのある訓は「はか(る)」とか「はか-る」などと表記する例が多いのですが,「計る」にふりがなをつけるようにされていました。漢字をコトバとして理解する近道かと思いました。


◆2017年11月例会
  2017年11月11日(土)午後2時~4時30分
  内容:字形分析の過程を組みこんだ1セット5過程
     -小学校4年生の授業案づくり
      指導予定漢字「得」-
  報告者:榎本祐也(東京・公立小学校)

一言感想(抜粋)
◎ 「得」1字の指導方法について,こんなに時間をかけて意見を言い合って,とてもぜいたくな場である。漢字はたくさんあるので,こんなぜいたくをたまにするのもよい。榎本さん(授業をする人)は,このぜいたくをほかの字にも短時間でいかに応用するかも,「得」の字の授業とならんで重要である。

◎① 高等学校国語科の科目構成が変えられ,現行の「現代文」が「論理国語」と「文学国語」とにわけられることになっています。これについて,「『羅生門』や『山月記』などは論理的に書かれている。また,すぐれた論説文には文学的なあじわいがある。わける意味あいがまったくない」との神川さんの指摘にそのとおりだと思いました。
 ② 榎本さんは,今年度,字形分析の過程を組みこんでいるとのこと,1セット5過程方式のあらたな可能性を暗示させてくれました。
 新出漢字の組み立てについて,指導者が教えてしまうのではなく,まず,ひとりひとりがよく観察し,その字がどういうつくりでできているのかを考える。ついで,となりの子と相談する。そして,発表しあうなかで,その字の組み立ての説明を数パターンみんなで聞きあうというものだそうです。こどもたちが楽しんでとりくむし,覚えもよかったとのことです。
 (a)漢字の組み立てを意識する習慣を身につける,
 (b)視覚でとらえたものを言語化する,
 (c)交流することで強い印象がもてるようになり,学級全体の学習 意欲を高めることにつながる
など,この方式の有効性があるようです。「得」の字形をこどもたちがどのようにコトバで分析したか,それ以外の字は,どうだったか,ぜひ聞きたくなりました。    

◎【自力学習を進める授業案】
  字形をやみくもに「1,2、3・・」と筆順練習するのではなく、目と頭で字形の組み立てを分析(パーツに分ける)し、自分のことばでそれを友達に説明するという活動の提案でした。
  4年「得」の場合、①字形を、「行人偏」+「日+一+寸」に分解する。②それを、筆順にそって自分なりのことばで表現し、友達に伝える。
  例
 《行人偏に「日」「一」と「寸」をつければ、お金が得られる。》

 その活動の意義。
  ① 字形を自分なりに覚えやすいように分解する。
   →分析の視点を自ら探す。
  ② 分析結果を友達に向かって声に出す。
   →声に出すことで分析結果を再確認する。
  ③ 友達の評価を得る。
   →よかったことや、不十分な点を知ることができる。
  ④ ③とは逆に友達の分析と説明を聞く。
   →自分の分析や説明に役立てることができる。

  字形を分析し、それと覚え方を友達に説明する活動は、少なくとも字形学習については自力学習です。友達と説明しあうことで協同学習の側面もあります。
  自ら考え発見し説明した学習が、字形のより確実な定着につながると期待しています。

◆2017年10月例会
  2017年10月14日(土)午後2時~4時30分
  内容:漢字の授業報告-小学校6年生「降」
  報告者:塩畑麻由美(東京・公立小学校)

一言感想(抜粋)
◎ A漢字の指導を充実させることと,現実的な指導時間におさめることの2つを両立させることにチャレンジなさっている塩畑さんの実践から多くを学ばせていただきました。

◎ 「降る」「降りる」よりも「以降」に力を入れたい展開であれば,最後の例文づくりを「以降」に絞って,交流した方がよかったのではないか。
  導入部分で「降りる」と「降る」を確認して入ったのは,とてもよいと思います。
  「以降」の文づくりがもう少し続き,「以降」の意味や用法をみんなで確認作業をして終わりにしてもよかったと思います。


◎① いつもながらテンポよく進められる授業を感心しながら拝見しました。
 ② 新出漢字「降」について、例文「このプリントは、10月13日以降に提出してください。」の意味を具体的に問う(例 「10月12日には提出してもいいですか。」)ことから授業を始める方法は画期的です。
   国字研「1セット5過程方式略説」では、指導の順序について「…指導の順序を変えたりして柔軟にとりくみます。」と解説しています。しかし、例文の読み取りから授業に入る実践は事実上初めてです。これは、1セット5過程方式の授業になれている子どもとっても衝撃的で、「子どもが以前より集中した。」との塩畑先生の言になるほどと思いました。
 ③ 導入で「以降」の使い方を指導したので、そのあと間をおかずに「以降」を使った文づくりをさせたほうが子どもの意識が途切れないと思いました。
 ④ 板書が、(1)ふる、(2)おりる、(3)「以降」に分けて、それぞれの読み、意味、語例・文が整理されていました。視覚からも知識を整理できる板書だと思いました。

◆2017年9月例会
  2017年9月9日(土)午後2時~4時30分
  内容:漢字の授業案づくり-小学校6年生
  報告者:塩畑麻由美(東京・公立小学校)

一言感想(抜粋)

◎ ① 漢字の字形の許容が認められているという認識を職場の先生方にも早くもってもらえるように,積極的に伝えていかなければならないと思いました。
  ② 塩畑さんの提案は,今までにないものでしたので,とてもおもしろかったです。なぜ,1セット5過程に取り組んでいるのかを改めて考える機会となりました。自分の指導を見直すタネが見つけられそうです。

◎ 「以降」を使って文づくりをメインにすることで,「降」の字よりも「以」の字に視点が動いてしまうリスクが,出席者が言ったようにあると感じました。それを避けるためにも,「降る」と「降りる」の意味の確認(空間的・時間的な動きの共通性に触れて)と,ことば集めを短時間でもやった方がよいと思いました。また「以降」は,短文作りで終わるのではなく,教室の中のことば~「提出物は,……以降は受けつけないよ。」~などで定着を図ったらよいと思います。

◎ 目のまえの学級のこどもたちの実態と,これまでのご自身の授業実践をみつめなおしたうえでの提案でした。それは,〈時間を過剰にかけすぎない〉,〈確実にコトバを習得できるようにする〉というねらいから,核となるコトバをすえ,それをふくむ〈文づくり〉に重点をしぼるという展開でした。「降」の指導で,「以降」の語義をたしかめ,各自が〈文づくり〉に取り組み,それを発表しあい,交流することを通して,教室のすべての子が,このコトバの意味と使い方を理解し,確実に使えるようにするというものです。授業にかけられたとき,こどもたちがどんな文を書くか,楽しみです。

◆2017年7月例会は,会内実務をおこないました.

◆2017年6月例会
    2017年6月10日(土)午後2時~4時30分
   内容:全国アカデミー「漢字教育の基本提案」の
      事前検討
   提案者:鳥羽大河(埼玉・公立小学校)

一言感想(抜粋)
◎ 「先生、まちがえてもいいんだよね。」と言いながら、ある日突然6514字もの日記を書いてきたTくん。
  それまでのTくんと関わった経験と日記から鳥羽さんが深く読みとった彼の生活や思い。
  そのエピソードにつけたタイトル「Tから学ぶコトバの世界と漢字」に、鳥羽さんの謙虚な学ぶ姿勢が表れています。
  『国語の授業』春号に「・・教師による子どもとの生きた感性的精神的交流によって授業は実現される・・」(麻美ゆう子)の論文があります。鳥羽さんの報告は、その具体例だと思いました。
  7.31アカデミーが楽しみです。

◎ こどもに対する見方が素敵です。特別支援学級で,生活の中で使えるようにすることが大事だと考え,ただ単にくりかえし漢字だけを練習するのではなくて,その漢字を使った文をつくるように働きかけてきました。漢字指導を通して,こどもたちは,コトバを理解し,獲得していきました。コトバを育て,コトバを使う中で,その子の人格がつくられていくという視点が,あらためて大事だと思いました。報告を聞いて,通常の学級でも変わらないなと実感できました。

◎ 「漢字指導のそもそも」ということから,はなしがはじまりました。なぜ漢字指導をていねいにすすめる必要があるのか,どんな役目が漢字指導にはあるのか,漢字指導をすすめるにはどのような手だてが有効なのか,はなしを聞いていくうちに,「ことばの世界をひろげる漢字学習」のりんかくが,はっきりみえてきました。教室のTくんがつづった日記から読みとれる現実から学び,それを教育課題にたかめていく鳥羽さんの基本姿勢は,多くの現場のみなさんの共感を得ると思います。

◆2017年5月例会は,会内実務をおこないました.

◆2017年4月例会
  2017年4月8日(土)午後2時~4時30分  
  内容:授業報告 小学校5年生「務」
  報告者:塩畑真由美(東京・公立小学校)


一言感想〔抜粋〕
◎ 久しぶりに出させていただき,とても難しい「務」に挑戦してくださったことで,授業全般の「ねらいと授業の展開との関係性」が見えてきました。塩畑さんありがとうございます。 
  1セット5過程をベースにした授業づくりが一つわかった気がします。
  今回のアカデミーは,授業づくりの可能性(「授業をつくっていくのは,楽しいよ」ということ)も含め,提示できればと思います。

◎ 「務」は,〈やらなくてはならないこと〉から〝仕事〟という意味があること,「わりあてられた〝仕事〟」として理解していくことでよいのではないか。
   ・任務(任せられた〝仕事〟)
   ・職務(その役職上の〝仕事〟)
   ・事務(具体的な事がらを整理する〝仕事〟)
   ・義務(仕事でなくても人間としてやらなければ
       =守らなければならない〝仕事〟=行い)

◎ いつもながら,こどもたちからの発言が,かわるがわるつづき,それに先生は,テンポよく受けておられ,先生も子どもも授業を楽しんでいるようすがつたわりました。
  小学校学習漢字のうち「矛」をともなうものは,この字だけです。
 既習の「予・野・預・序」などと,字形のちがいを意識することは,この字の指導でとても大事なことだと考えます。授業では,〈にている字〉〈まちがえやすいところ〉をこどもからひきだしていました.「予」とのちがいを「毛が生えます。」と端的に説明し,「力」を「刀」とならないように押さえていました。やや複雑な字形であっても,短時間で明確にしめし,定着をはかることができたと思いました。 

 

◆2017年3月例会
  2017年3月11日(土)午後2時~4時30分
  内容:授業報告 小学校3年生「反」
  報告者:小山田達郎(東京・私立小学校)

一言感想〔抜粋〕
◎ 学年末お忙しいなか実践報告をしてくださいましてありがとうございました。
 ① よかったこと。文づくりに使えそうな単語を、「反対」などにしぼったこと。意味はわかっても、なじみがないコトバの場合、文の中で使えるとは限らないからです。
 ② 「音読みのことばを使った文を一つ、訓読みのことばを使った文を一つ作りましょう。」の指示は、音訓を意識させるうえでよかったと思いました。
 ③ 課題。使えることばの獲得をめざすという観点からは、「文づくり」が1セット5過程方式のキモです。子どもによっては語句だけの発表の場合がありますが、教師や友達の助けによって文の形にできます。  

◎ 文づくりのとき、「音」「訓」ひとつずつで文をつくらせたのは、よかったと思いました。
  「反らす」の指導のときは、全員を立たせて、体を反らすとはこういうことだと体験させると楽しい授業になったと思います。
  授業全体の流れでは、教師の説明が多いように思います。教師はいつもひとりひとりの子どもの表情を見て、メリハリのある授業を進めていくことが大事です。

◎ 「反」の指導の実践報告ありがとうございました。1月例会で一緒に検討させてもらったことを生かして,自分も実践できました。
 習った漢字を使って文を作るというのも指導の一つの目標なので,子どもが文を作ることを楽しめる指導の手だてを今後も一緒に考えていきましょう。 

◆2017年2月例会

  2017年2月11日(土)午後2時~4時30分
  内容:授業報告 小学校2年生「池・麦」
  報告者:髙橋 航(東京・私立小学校)

一言感想〔抜粋〕
◎ よく工夫した導入で感心しました。きっといろいろ考えて,写真や絵を用意されたと思います。授業の声もはぎれ良く,とても聞きやすかったです。今日出された意見や感想を参考にして,次に生かしてください。期待しています。

◎① 子どもの見方がやさしい。
  ⅰ.授業をふりかえって「発表が楽しそうだった。」と感想を言われました。
  ⅱ.指導者の振り返りで、「池の写真を見せた際、周りの草や葉っぱに注目する児童もあり面白いと感じた。」とあります。子どもの自然な発想をおおらかに受け止めようという姿勢のあらわれだと思いました。
 ② 導入で、「池、麦」どちらの場合もそれぞれ関係する絵から共通点を見つけさせました。漢字の授業で思考力高めをはかる先駆的な例だと思いました。
 ③ 子どもの学習意欲を高めたり、ことばの意味・使い方を確実にしたりするためには、作った文の交流が大事です。それには、「交流」を組み入れた時間設定が必要です。

◎ 髙橋先生は,2年目でとてもていねいで意欲的な実践を報告なさって,すばらしいなと感じました。今後,一緒に学び合える仲間が増えて,とてもうれしいです。

◆2017年1月例会
  2017年1月14日(土)午後2時~4時30分
  内容:①授業づくり体験会 小学校3年生の指導案づくり
     ②報告 授業での電子辞書の活用にむけて
  報告者:小山田達郎(東京・私立小学校)

一言感想〔抜粋〕
◎ 類似した漢字を示して,字形や意味の共通性を示していく教えかたは,参考になりました。また,他教科で学習した言葉や漢字と関連させるためには,教員は,はば広い視野をもたなければ,いけないなと思いました。また,こどもの生活環境の変化にも気を配る必要があると思いました。漢字学習の持つ意味の広がりを感じました。

◎ 漢字は,「農,鉄,羊,酒」のように意味が一つだけのものは,大変教えやすい。音だけの字も,音訓のある字もそう。「反」は,大変教えるのが難しいが,EさんやNさんの言うように,熟語で小3で使うものをとりあげて,その熟語が使えればそれでよい。訓の「ソル」は,正常な状態から,反対側に曲がることで,自然な方向への曲がりかたの対義語になっている。「体(背)をマゲル」と「体(背)をソル」は,反対語になっている。「ソル」も「マガル」で代用はできるが,「反対側にマガル」と説明しないと誤解をまねく。   

◎ 「漢字学習予定」と題する,3学期の指導計画表がしめされました。表には,「A…いろいろな使い方がある漢字」,「B…使い方が少ない漢字」と,一字一字に,A,B,Cがつけられていました。
 このようにしめすことで,学習にむかうかまえができるのではないかと思いました。そして,小山田さん自身が,「“反”は,意味がとらえにくいが,字形はなじみやすい。」「“農”は,“田や畑をたがやす”という意味は,わかりやすいが,“辰”の字形がこみいってむずかしい。」「“委”は,字形はかんたんだが,“まかせる”という意味は,ややむずかしい。」などと,ひとつひとつの漢字のそれぞれの特質に応じた指導内容を明確に位置づけようとされていました。この姿勢は,こどもたちに伝わるなと思いました。
  電子辞書は,調べたいことをてっとりばやく知ることができるというメリットを強調されていました。なかなか普及しないのは,いろいろと理由があるでしょうが,まずは,教員自身が活用して,そのよさを感じ取ることが大事かと思いました。

★小学校電子辞書の利点と課題

 1月14日におこなった漢字指導法研究会の1月例会で用いた資料をリンクします。

 小学校で『電子辞書』を使いましょう!(小山田達郎)
              (PDF) 11ページ



例会報告 例会案内