国字問題

わたしたちは,
だれにとってもわかりやすく通じやすい日本語や漢字が
広く社会で使われることをねがっています.

こどもたちが,漢字が多すぎて悲鳴をあげている現状を
改善することをめざします.

「学年別漢字配当表」改訂案

 2017年2月14日公表(2020年度実施予定)の『小学校学習指導要領案』にある『学年別漢字配当表』の改訂案では,都道府県名でつかわれる追加漢字20字を,すべて4年に配当しました. 
 また,現行5,6年に配当されている「賀,城」など都道府県名でつかわれる漢字5字も4年にあつめています.  
 その関係で,現行4年配当漢字から23字を5,6年にふりむけています.  
 現行指導要領が,小学校6年間に1006字だったところを,改訂で1026字に増加させることになります.20字増のうちわけは,4年が2字増,5年が8字増,6年が10字増ということになり,高学年に負担をかける案になっています.

この『学年別漢字配当表』改訂案をそのまま告示

 文部科学大臣は、2017年3月31日づけで小中学校の新しい学習指導要領を告示しました.示された『小学校学習指導要領』の「別表 学年別漢字配当表」(=教育漢字)では、2017年2月14日公表の案のまま、都道府県名の漢字20字を追加し、小学校での総漢字数を1026字にふやしました.

資料 学年別漢字配当表 変更点案

使いもしないような不要な漢字をけずらないで,ただ増やすという改訂案は,現在でも漢字の多さにあえいでいる子どもたちを,さらに苦しませることになります.