役員あいさつ 田村利樹(研究参与)

田村 利樹
たむら としじゅ
国字問題研究会(漢字指導法研究会)第3代委員長

1935年,群馬県生まれ.群馬大学卒業.
埼玉県,東京都の公立小学校に勤務し,その後,研究活動に専念.
1983年『小学生の作文教育』1・2・3年/4・5・6年(明治図書)の著述と実践で読売教育賞の賞外優秀賞を受賞.

国字問題研究会前委員長. 
現在,国字問題研究会研究参与,表現よみ総合法教育研究会代表
写真は2006年全国アカデミーでのあいさつ

 

**********************************************************

2018年 新年にあたって

今年も良い実践ができるようにがんばりましょう!  

             表現よみ総合法教育研究会代表
             国字問題研究会研究参与   田村利樹

 表教研(表現よみ総合法教育研究会)例会をしていて、勤務が厳しくなっていることが伝わってきます。

 そのような中でも、表現よみの実践をして参加して来る先生がいることは、ご自分の実践で〈表現よみは、子どもを高める〉ことを実感しているからです。

 まさに、大久保忠利が主唱した『表現よみは文学指導の極致』なのです。

 子どもたちのために、今年も良い実践ができるようにがんばりましょう。
                     2018年1月1日

**********************************************************

2017年 新年にあたって

教育をよくするためにいっしょにがんばりましょう!

            表現よみ総合法教育研究会代表 
            国字問題研究会研究参与   田村利樹

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年も命とひきかえのような学校の勤務状態でした。
一方で、民主教育の内容は豊かになっています。
ところが、これを生かす勤務の状態は、年々、劣悪化しています。

この勤務条件を良くしない限り、研究の中味は、
『絵に描いた餅』になってしまいます。

教育を良くするために、一緒に頑張りましょう。 

会の紹介