田村利樹(研究参与・前委員長)

田村 利樹
たむら としじゅ
国字問題研究会(漢字指導法研究会)研究参与・前委員長(第3代)

1935年,群馬県生まれ.群馬大学卒業.
埼玉県,東京都の公立小学校に勤務し,その後,研究活動に専念.
1983年『小学生の作文教育』1・2・3年/4・5・6年(明治図書)の著述と実践で読売教育賞の賞外優秀賞を受賞.

国字問題研究会前委員長. 
現在,国字問題研究会研究参与,表現よみ総合法教育研究会代表

写真【右】2006年全国アカデミーでのあいさつ
【左】「利樹と操のジョイントコンサート2」2012年10月


〔注〕以下,青字部分は,出版元や国立国会図書館検索サイトなどにリンクします。

◆主要編著◆
小学生の作文教育』1・2・3年(現代言語表現シリーズ:2)小林喜三男・田村利樹 編,明治図書出版 1983年

小学生の作文教育』4・5・6年(現代言語表現シリーズ:3)小林喜三男・田村利樹 編,明治図書出版 1983年

『漢字教育の基本提案』国字問題研究会編,1990年8月

『ことばの力を育てる漢字指導』-国字問題研究会の基本提案,日本教育出版サービス,1995年8月

『超厳選600字 小学校の漢字指導ハンドブック』あゆみ出版,1997年4月(「子どもと教育」1997年4月臨時増刊号)

子どもが変わる漢字の指導』下町人間総合研究所,2002年

たのしく学ぼう漢字』-子どもの瞳が輝く授業,ルック,2003年

理解を深める表現よみ』-子どもの瞳が輝く授業:小学校国語1年「大切な入門期」「おおきなかぶ」表現よみ総合法教育研究会 編,ルック,2005年

理解を深める表現よみ』-子どもの瞳が輝く授業:小学校国語2年「スイミー」「お手紙」表現よみ総合法教育研究会 編,ルック,2005年

理解を深める表現よみ』-子どもの瞳が輝く授業:小学校国語3年「モチモチの木」「ちいちゃんのかげおくり」表現よみ総合法教育研究会 編,ルック,2005年

理解を深める表現よみ』-子どもの瞳が輝く授業:小学校国語4年「ごんぎつね」「一つの花」表現よみ総合法教育研究会 編,ルック,2005年

理解を深める表現よみ』-子どもの瞳が輝く授業:小学校国語5年「大造じいさんとガン」「わらぐつの中の神様」表現よみ総合法教育研究会 編,ルック,2005年

理解を深める表現よみ』-子どもの瞳が輝く授業:小学校国語6年「川とノリオ」「やまなし」表現よみ総合法教育研究会 編,ルック,2005年

たのしくみにつく!!漢字の力』小学校1年・2年・3年・4年・5年・6年,紺屋冨夫・漢字指導法研究会 監修, ルック, 2006年-2007年

『大久保忠利著作選集』編集委員として第1巻,第2巻を担当。「解説」を執筆。
(第1巻)『国語教育』Ⅰ[説明文・文学文]大久保忠利著作選集編集委員会編,三省堂,1991年12月 
(第2巻)『国語教育』Ⅱ[話しコトバ・作文・漢字・文法]大久保忠利著作選集編集委員会編,三省堂,1992年1月
(第3巻)『生きたコトバ』Ⅰ[話し・聞き]大久保忠利著作選集編集委員会編,三省堂,1992年2月
(第4巻)『生きたコトバ』Ⅱ[読み・書き]大久保忠利著作選集編集委員会編,三省堂,1992年3月
(第5巻)『コトバの心理と論理』大久保忠利著作選集編集委員会編,三省堂,1992年4月
(第6巻)『大久保・日本文法』大久保忠利著作選集編集委員会編,三省堂,1992年5月


◆論文等◆
発言のひき出し方とその指導」『国語の授業』第34号,一光社,1979年10月

「入門指導から一年間の実践・三年」(特集;どの子も書ける作文指導)『国語の授業』第38号,一光社,1980年6月

「言語表現指導:人間性豊かな子どもを育てる作文教育」(特集;楽しく力のつく授業の創造・問題別分科会)『国語の授業』第39号,一光社,1980年8月

表現意欲を引き出す上での問題点」-小学生(特集;作文嫌いを無くす指導の工夫)『教育科学国語教育』第322号,明治図書出版,1983年9月

漢字指導の定着率を考えよう」『カナノヒカリ』第 748号,カナモジカイ, 1984年11月

小学校の漢字教育の現状」<ソウカイ デノ オハナシ>『カナノヒカリ』第750号,カナモジカイ,1985年1月

学力調査「言語事項・漢字」の高通過率は異常だ-文部省よ,国民をダマすことをやめよ」大久保忠利・田村利樹『国語の授業』第67号,一光社,1985年4月

「漢字指導の問題点と一つの指導法」『国語の授業』第74号,一光社,1986年6月

「特別寄稿:小学校教育漢字八〇〇字宣言」大久保忠利・田村利樹,『国語の授業』第87号,一光社,1988年8月

「たのしく力のつく文学の授業」-読みの極致を目指す表現よみ総合法『ぼくは街の言語学者』-大久保忠利さん追悼集,日本コトバの会編,一光社,1991年6月


「国字問題研究会の漢字教育の提案」(特集;漢字語句指導の効率的指導を)『国語の授業』第112号,一光社,1992年10月

モモセさんの話―聞きての感じたこと」『カナノヒカリ』852号,カナモジカイ,1994年3月

国字問題研究会」(連載;ことばの研究会自己紹介 5)『日本語学』第14巻第5号,明治書院,1995年5月

「大切な漢字をていねいに」『国語の授業』第134号,一光社,1996年6月

ことばの獲得としての文字学習」-教課審批判と私たちの実践的提案(特集;教課審〔教育課程審議会〕に学校の未来を託せるか)田村 利樹・河合 尚規,『教育』第48巻第11号,教育科学研究会 編,国土社,1998年11月

「新学習指導要領の漢字教育の問題点と提案」(特集;漢字指導を考える)『国語の授業』第150号,一光社,1999年2月

「全国教研集会開催に寄せて」『国語の授業』第161号,一光社,2000年12月

「国語:「わかること」とは程遠い内容」(総特集;何か変だぞ 子どもと教育-教育基本法改悪の動きのなかで・告発と実践:新学習指導要領と教科教育)『労働運動』第460号,新日本出版社,2002年12月

「斎藤孝「理想の国語教科書」批判」(1)『国語の授業』第175号,一光社,2003年4月

「斎藤孝「理想の国語教科書」批判」(2)『国語の授業』第176号,一光社,2003年6月

「座談会;柴田義松先生を囲んで」-今,問われる学力問題とは(田村利樹・藤田伸一・増田修治・佐々木勝男)『子どもと教育』第423号,ルック,2004年4月

「連載;表現よみ入門」『子どもと教育』第423号から連載,ルック,2004年

「連載;漢字の駆使,そして9歳の節を越える漢字力を」『子どもと教育』第439号から連載,ルック,2005年

音読・朗読から見た教科書の古典教材」(特集 古典を読む-教科書の中の「伝統的な言語文化」)『子どもの本棚』509号,日本子どもの本研究会 編,2011年3月

***************
◆その他◆
『国語プリント』小学校各学年,麦の芽編集委員会,麦の芽出版会,1991年
『基礎学力アップ たのしい国語』(新版)小学校各学年,麦の芽出版会,1992年
『漢字プリント』小学校各学年,日本教育出版サービス,1994年
小学校用国語検定教科書『教師用指導書』執筆

*****************************************************
2019年 新年のごあいさつ

  公教育をどうしたらよいか みんなで考えましょう

        表現よみ総合法教育研究会代表
        国字研研究参与       田村利樹

安倍内閣の勝手さは、多くの方がそう思っていることでしょう。そういう中で、教育も貧困さを増してきています。 街に出ると塾の林立。私が新卒の頃は、考えられなかったことです。 先生同士の話し合いはどうなっているのか。

公教育をどうしたらよいか、みんなで考えなければならないことではないでしょうか。

そういう中でも、国字研・表教研・児言研など民間教育団体は、頑張っています。 今年もよろしくお願いいたします。

                   2019年1月1日

**********************************************************

2018年 新年にあたって

今年も良い実践ができるようにがんばりましょう!  

             表現よみ総合法教育研究会代表
             国字問題研究会研究参与   田村利樹

 表教研(表現よみ総合法教育研究会)例会をしていて、勤務が厳しくなっていることが伝わってきます。

 そのような中でも、表現よみの実践をして参加して来る先生がいることは、ご自分の実践で〈表現よみは、子どもを高める〉ことを実感しているからです。

 まさに、大久保忠利が主唱した『表現よみは文学指導の極致』なのです。

 子どもたちのために、今年も良い実践ができるようにがんばりましょう。
                     2018年1月1日

**********************************************************

2017年 新年にあたって

教育をよくするためにいっしょにがんばりましょう!

            表現よみ総合法教育研究会代表 
            国字問題研究会研究参与   田村利樹

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年も命とひきかえのような学校の勤務状態でした。
一方で、民主教育の内容は豊かになっています。
ところが、これを生かす勤務の状態は、年々、劣悪化しています。

この勤務条件を良くしない限り、研究の中味は、
『絵に描いた餅』になってしまいます。

教育を良くするために、一緒に頑張りましょう。 

会の紹介