▼がある項目は,見出し部分をクリック(タッチ)すると本文が開いたり閉じたりします。▼▲

無料公開! 家でも教室でも漢字学習に取り組める 「漢字学習サポートシート」

「かん字 学しゅう サポート シート」をつかって
「かん字 学しゅうノート」をつくろう

★ イメージが浮かぶ文例
  なじみやすい例文を音読するので,意味と使いかたが,記憶に残ります。

★ 作文力がつく短文づくり
  キーワード(漢字語)を使った一行日記にもなります。

小学校2年生の教科書に対応するシートを公開しています。
かん字の学習室のページへ どうぞ。

ひとこと 2020・9・2 八重山戦争マラリア 

◎八重山戦争マラリア

〈1945年3月下旬、竹富村長から「波照間の住民は全員、西表へ疎開せよとの軍の命令だからその手配をせよ」と告げられた。竹富村会議員であった仲本信幸は、「西表島はマラリア地帯だというのに、軍命だからといって1600名の人間に死に行けというのか」と激しく抗議する。〉

〈だが、軍命に逆らえずマラリア有病地帯へと強制退去・疎開させられ、八重山郡では住民の一割強の3600名の死者を出した。〉(引用者 一部要約)

(宮良純一郎「「八重山戦争マラリア」の真相を探る」『歴史地理教育』No913、2020年8月号)

●紹介者注
 宮良氏は、上記論文を「この不条理な戦時体制の過ちを繰り返してはならない。」と訴えて結んでいる。懸念される動きが沖縄に起きているからこその訴えだと思う。

 また、土居隆宏は、レポート「旧日本軍が沖縄島民に対して行った戦争犯罪」で「戦争マラリアとは、戦わずして島民が旧日本軍に殺された事例の一つである。」と指摘し、「沖縄人がいくら死んでも、日本は困らない」(残置諜者・山下虎雄)の言葉を紹介している。(To.)

ひとこと 2020・5・27 「これ以上子どもを頑張らせないで。」


◎「これ以上子どもを頑張らせないで。」

 私の記憶では、休校中に自死した生徒はいません。少なくとも面と向かっていじめられることがなかったでしょう。そのようななか、登校再開は、一部の子どもには恐怖かもしれません。いつも以上に子どもの様子に目配りが必要です。

 いま学校には、学習よりも何よりも安心できる環境づくりが必要です。その一つが、20~30人学級です。また学習指導要領を短期間でこなすために7時間授業で詰め込むのではなく、学習内容の思い切った精選をするチャンスでもあります。
 もちろん漢字精選も視野に入ります。(To.)

ニュース★おしらせ★話題★ひとこと

いっしょに 研究しましょう

「どの子にもわかるように教えたい。」
「ひとみが,かがやく授業がしたい。」
「漢字をとおして,コトバのちからをつけたい。」

こうした,教師ほんらいのねがいにこたえる道をさぐる,その方法をわたしたちは,探究しています。

いっしょに研究しましょう。 そして,あなたのお力を,お貸しください。

例会のご案内

今後の例会の予定

 10月例会を中止します。
  今後の月例会の予定については,決定しだい,お知らせします。


*漢字指導法研究会の月例会は,毎月,第2土曜日の午後2時から4時30分までの予定でおこなっています。

★参加ご希望のかたはご連絡ください★
      E-mail : kanzisido@yahoo.co.jp

 

例会報告のページ   例会案内のページ

国字研の精選案が雑誌『世界』で紹介された

「知識詰め込み型」からの転換なのか?
 -改訂「学習指導要領」が子どもにもたらすもの
                    大森直樹(東京学芸大学)
   (『世界』2019年11月号,特集:脱・オトナ目線の教育へ)

東京学芸大学・大森直樹さんが、漢字指導法研究会が1984年に漢字を系統的に学べるようにするため指導要領の学習量削減の具体例として600字提案をしたことを紹介しています。しかし、指導要領はこの提案をいれずに逆に10字を追加し1006字で応じたと批判しています。

こころある研究者が国字研の活動に着目し、評価してくださったことをうれしく思います。

   『世界』2019年11月号  岩波書店ウェブサイト