▼がある項目は,見出し部分をクリック(タッチ)すると本文が開いたり閉じたりします。▼▲

ひとこと 2020・2・19 他者の目で歴史を見ることに、文学の力が大きな助けになる

◎他者の目で歴史を見ることに、文学の力が大きな助けになる。

2010.2.17朝日新聞・天声人語
―第162回直木賞受賞作『熱源』(川越宗一)を紹介するなかで。

▼他者の目で歴史を見る。そのことに私たちは慣れてはいない。だからこそ文学の力が、大きな助けになる。「日本は一つの民族が続いている」などと口走っていた政治家は、手にとってみただろうか。

●紹介者評 
 ことは歴史の見方に限りません。
 視点を変えてみる学習や習慣が、ものごとを新たな視点でとらえることにつながるかと思います。文学もその助けになり得ます。(To.)

ひとこと 2020・2・12 「募る」は、「募集」と違うらしい。


議会での某国のトップの発言
「(招待者を)幅広く募っている認識だった。募集している認識ではなかった。」

●紹介者評
 「募る」が「募集」と違うことを初めて知りました。
 もう一つ、「招待者」は「募る」ものですか。
 「参加者」なら「募る」と言ってもよいと思いますが。(To.)

例会の感想 2020・2・10 小学校3年生の授業報告「平」

2020年2月例会(2月8日実施)

一言感想〔抜粋〕
◎ 子どもたちが生き生きとしていて,素敵な授業だと思いました。「平→一+ソ+十」に分解する指導は,字体だけでなく,筆順,点の向きなどの細かな字形も同時に教えられるので,「平」のようにシンプルな字体の漢字には,ストーリー作りより有効だと思いました。

◎ 以前,自分が教えたときは「平和」「平等」に深くふれることはありませんでした。しかし,おまんじゅうの数など,身近な例を使うことで,「平等」をわかりやすく教える方法があることを知りました。抽象的なことばをいかにわかりやすくするかが,小学校の教育で重要だと思いました。

◎ あたたかな空気が教室にひろがり,どの子もひたむきにとりくんでいたのが印象的でした。こどもたちは,学習のながれにそって,見通しをもって活動していました。年度当初からの漢字学習のつみかさねによって,身についているんだなと感じさせられました。先生自身が,ひとりひとりの子の特性をしっかりとらえ,こころをくばっておられたからこそ,安心して自分を出して,学習に向かうことができるのでしょう。先生とこどもたちとの信頼関係が,授業実践を通していっそうふかまる実例を見せていただきました。ありがとうございました。 

ひとこと 2020・1・29 「未来をつくる権利」が阻害されるということ


政府による情報公開が適切に行われないということは、知る権利が奪われるということだけではありません。不完全な情報の中で、あてずっぽうの政治参加しか認められないということです。それは大きく括れば、「未来をつくる権利」が阻害されるということです。

どんな情報が保護され、それによって誰が不利益を被っているかにほとんど気づかないまま、「あったかもしれない選択肢」をつぶされて、特定のだれかばかりが得するほうへとたどりつかされる。そういう姿は、民主主義の理念には反します。
『未来をつくる権利』社会問題を読み解く6つの講義 荻上チキ NHKブックス)

●紹介者
情報公開は議論の前提なのに、それが適切に行われていない事態が続いています。「未来をつくる権利」阻害との指摘が新鮮です。

「情報公開」とじかにはつながりませんが、漢字が多すぎて、また漢字に依存する伝統・習慣があるために情報の理解・発信が困難な場合も、「未来をつくる権利」が阻害されていると言えるでしょう。(To.)

ニュース 2020・1・26 夜間中学必要性知って 見城慶和さんがトーク 群馬県伊勢崎で 


 群馬県伊勢崎市で,映画「こんばんはⅡ」上映とトークの集いが2020年1月25日にありました。映画鑑賞のあと,映画監督の森康行さんと,フィリピン出身で夜間中学を卒業した戎香里菜さん,それに見城慶和さん(本会研究参与)がおはなしされました。地元紙『上毛新聞』が写真入りでつたえています。

夜間中学必要性知って 映画上映と卒業生講演 伊勢崎(上毛新聞ウェブサイト,2020.1.26)

見城慶和さん(本会研究参与・元委員長)のページ

夜間中学生のための生活基本漢字381字(1975年)のページ

ひとこと 2020・1・22 「先生のおかげ」というのは、嫌いになることを

先生のおかげ」というのは、嫌いになることをしなかったということなのかもしれない。


『国語の授業』誌2020年冬号に以下の報告がありました。

〈1〉「日記が苦手だったけど、先生のおかげで日記を書くのがすごくうまくなりました。」
…秀真が感じた「先生のおかげ」というのは、(私が)何かを教えたのではなく、嫌いになることをしなかったということなのかもしれない。(小野木こうき「書くことを大切に」)

〔注〕本文を読むと、「嫌いになることをしなかったということなのかもしれない。」は、もちろん謙遜です。実は好きになることをしてきたのです。

〈2〉名古屋市のある小学校の5年生の学級では、「名札の付け忘れ」のペナルティとして漢字ドリル問題十問を漢字ノートに2回ずつ書く、「宿題忘れ」はさらに多い十問を3回ずつ書くという決まりがありました。ペナルティを課された子は休憩時間に必死でこなしています。休憩時間に終わらなければ居残りしてやりあげなければなりません。(佐藤千恵子「子どもも教師も追いつめられていく学校スタンダード」)


* 上記〈2〉では、漢字が罰の手段にされています。罰としての漢字ならば、漢字が好きになるわけがありません。それでもたぶん校内研究目標には「意欲をもって」とか「主体的な」とかの文言がならべられているのでしょう。

 嫌いになったあと、好きにさせるのは難しいものです。もし好きになる指導が難しいのであれば、せめて〈1〉のように「嫌いになること」をしないでほしいものです。(To.)


楽しく力のつく授業の創造『国語の授業』(季刊)2020年冬号(通巻270号)
児童言語研究会・編集,子どもの未来社・発行(2020年1月10日刊行)定価1400円(税別)

◇おもな内容
〇特集「コトバの力を育てる国語の授業」
 「書くことを大切に-作文指導の入口-」(小野木こうき)
 「漢字は書く、覚えるだけじゃつまらない-子どもも教師も楽しく学ぶ-」(丹野洋次郎)
○連載(ひとこと・ふたこと)「子どもも教師も追いつめられていく学校スタンダード」(佐藤千恵子)
○連載「一読総合法の見方 考え方」(小山信行)
〇論文「『声』を聴くこと~ひとりの若い教師への支援を考える~」(霜村三二)

◇もうしこみ先
(1)書店での購読は,「子どもの未来社」発行の『国語の授業』とお伝えください.
子どもの未来社 ℡03-3830-0027 Fax03-3830-0028

(2)インターネット書店
   楽天ブックス ヨドバシ.com ローソンエンタテインメント

ニュース★おしらせ★話題★ひとこと

いっしょに 研究しましょう

「どの子にもわかるように教えたい。」
「ひとみが,かがやく授業がしたい。」
「漢字をとおして,コトバのちからをつけたい。」

こうした,教師ほんらいのねがいにこたえる道をさぐる,その方法をわたしたちは,探究しています。

いっしょに研究しましょう。 そして,あなたのお力を,お貸しください。

例会のご案内

3月例会を中止します



漢字指導法研究会3月例会の開催を中止します

2020年3月14日に予定していた「漢字指導法研究会3月例会」については,新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため,中止することとしました。お知らせいたします。

(1)開催予定であった内容は以下のとおりです。
日時:2020年3月14日(土)午後2時~4時30分
内容:小学校6年生の授業報告「傷」

(2)4月からの例会の予定については,決定しだい,後日お知らせいたします。


*漢字指導法研究会の月例会は,毎月,第2土曜日の午後2時から4時30分までの予定でおこなっています。

★参加ご希望のかたはご連絡ください★
      E-mail : kanzisido@yahoo.co.jp

 

例会報告のページ   例会案内のページ

夏季 全国アカデミー

2020年度全国アカデミー
7月26日(日曜日)に開催します


2020年度の第36回漢字指導法研究会の全国アカデミーの開催日と会場がこのほど決まりました。おしらせします。日程調整をしていただき,参加の準備をおねがいします。

第36回漢字指導法研究会全国アカデミー(第1次案内)

開催日:2020年7月26日(日)
会場 :ルミエール府中(昨年2019年とおなじ会場です)
〒183-0055 東京都府中市府中町2-24
京王線「府中駅」下車徒歩6分
「ルミエール府中」アクセス
  府中市市民会館・中央図書館 複合施設ウェブサイト

なお,詳細が決まり次第,追って当ウェブページでご案内します。



全国アカデミーのページ

国字研の精選案が雑誌『世界』で紹介された

「知識詰め込み型」からの転換なのか?
 -改訂「学習指導要領」が子どもにもたらすもの
                    大森直樹(東京学芸大学)
   (『世界』2019年11月号,特集:脱・オトナ目線の教育へ)

東京学芸大学・大森直樹さんが、漢字指導法研究会が1984年に漢字を系統的に学べるようにするため指導要領の学習量削減の具体例として600字提案をしたことを紹介しています。しかし、指導要領はこの提案をいれずに逆に10字を追加し1006字で応じたと批判しています。

こころある研究者が国字研の活動に着目し、評価してくださったことをうれしく思います。

   『世界』2019年11月号  岩波書店ウェブサイト