▼がある項目は,見出し部分をクリック(タッチ)すると本文が開いたり閉じたりします。▼▲

2024年新年のごあいさつ

 

2024年 新年のごあいさつ

       漢字指導法研究会(国字問題研究会)代表 紺屋冨夫

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

昨2023年の主な活動を報告して新年のあいさつに代えます。

(1)4年ぶりの全国アカデミー開催
 コロナ禍のため全国アカデミーの開催をしばらく中止していましたが、スタッフの献身的な協力を得て、7月30日(日)ルミエール府中で全国アカデミーを開催することができました。
 参加者数は多くはありませんでしたが、13年ぶりや10年ぶりの参加者もいました。アカデミー開催を待っていてくださったのだと知り、胸をあつくしました。また、アカデミーの感想で「改めて国字研の理論に感銘を受け、また指導の方向がはっきりわかりました。」との感想を述べてくださった方がいます。
 うれしいことです。
 今年は、7月28日(日)に同じ会場で開催する予定で準備しています。ご参加いただければ幸いです。

(2)常用漢字表の精選案作成中
 戦後間もなくの1946年「〈戦前の無制限の漢字使用は〉教育上また社会生活上多くの不便があった。これを制限することは、国民の生活能率をあげ、文化水準を高める上に資するところが少なくない。」(「当用漢字の実施に関する件」内閣訓令第七号、〈 〉は、引用者による要約)として、1850字の当用漢字表が告示されました。
 学校教育では、初めは中学校卒業までで881字でした。
 ところが1981年、漢字使用の制限色を薄め、社会生活での漢字使用の「目安」を示すとの趣旨の「常用漢字表」が告示されました。案の定 漢字数がふえ、2010年には2136字にもなりました。
 国字研や友好団体は、常用漢字表の漢字は難漢字が多く、国民や在日外国人の社会生活においても学習上も負担が大きすぎると考え、これまでも精選案を発表してきました。小学校学習漢字の重要度によるABCも同様の趣旨です。

 しかし、直近の精選案から時間がたっているので、現在の社会状況、言語使用状況にあわせて再度常用漢字表の精選案をつくることにしました。
 その精選案をいま作成中です。近々お示しすることができると思います。ご活用いただければ幸いです。

(3)12月3日、日本民教連交流集会で実践を発表。
 ただし、報告者が当日に発熱のため取りやめ。
 日本民教連加盟の民間教育研究団体が一堂に会し実践を交流する集会に、国字研が参加し発表する予定でした。発表タイトルは、「学びあい ことばの世界をひろげる漢字の学習」です。しかし、当日報告者の急な発熱のため、残念ですが取りやめました。

 国字研の漢字指導は、2点で他団体と異なります。
 1点めは、漢字の精選です。漢字指導に使える時間に制限があるので、配当漢字の重要度・値打ちによって指導に軽重をつけ国語科授業時間内で指導できるように配慮しています。重要度は、使用頻度、学習や生活に必要かによって判断します。
 2点めは、具体的な指導方法です。1セット5過程方式と呼んでいます。漢字の意味がわかり、語として読み書きできるようにするために語例を探したり、文をつくって発表し友達と交流したりすることを大事にしていることです。これらのことを、具体的な授業でお示しする予定でした。

新年のごあいさつ 代表 紺屋冨夫

漢字の何を指導するのか

 
 漢字の何を指導するのか

 漢字は、音・義・形の要素が一体となっている表語文字です。コトバを表す文字です。

 たとえば、字形「両」。
 発生的には、まず「ふたつ。ふたつで対になっているもの。」の意味をもつ音「リョウ」のコトバがあり、それを字形であらわしたものが「両」です。

 一般に、コトバは字形以前に、まず意味とそれに対応する音があります。世界には、文字をもたないことばが何種類もありますし、身近な例では 幼児は音・意味を一体にしてことばを覚えます。

 漢字を学ぶとは、漢字という文字を通して、それぞれの漢字の音(読み方)と意味・使いかたを学ぶことです。音と意味を十分に学ばない漢字学習は、図形学習や、「正しく美しく」を目的にした書写と同じです。事実上「書写」と同じになっている漢字学習は、漢字学習のいちばん大事なところを軽視したものです。

 漢字で「意味もついでに」教えるのではありません。意味こそ核心です。
 漢字指導では、音・意味・使いかた、とりわけ意味と使いかたを重視したいものです。(To.)

第36回全国アカデミー 学び合う時間と空間を共有できました

 

 

学びあう時間と空間を共有できました
第36回漢字指導法研究会 全国アカデミー

第36回漢字指導法研究会全国アカデミーは、
2023年7月30日(日)に開催 しました。

参加者の皆さんの熱い想いで満ち、
学びあう時間と空間になりました。
多くの方に支えられて実施できました。
ありがとうございました。

2023年第36回全国アカデミーの報告

第36回全国アカデミーでの代表あいさつ
全国アカデミーのページ

一気に授業の核心に引きこむ導入方法を生み出す例会の場

例 3年「定」

発問の例 →(PDF490KB) 


*子どもが知っている掲示物や場面から入る授業です。
 そして、それらの漢字語に共通する意味を導き出します。
 読みかた、意味、使いかたが一気にわかります。

漢字指導Q&A こどもの意欲を高める漢字テストの方法

漢字指導Q&Aのページに,つぎの問いと回答を掲載しました。

こどもの意欲を高める漢字テストの方法がありますか。

ごらんいただきご意見・感想をおよせください。

九州教育学会シンポジウムで国字研が話題にされる 2021.11.22


《夜間中学の教育実践を支えてきたもの》

「今回お話いただく見城実践は、目の前の生徒たちに向き合うなかで生まれたものである。(中略)見城先生は、国語教育の理解を深めるために、国字問題研究会に参加し、毎月授業をまとめて報告し、大久保忠利(東京都立大学)をはじめ参加者から助言をもらっていた。(以下略)」
(2021年11月21日 九州教育学会第73回大会公開シンポジウム,共催日本教育学会 大会テーマ「教育を受ける権利の実質化をめぐって」報告者添田祥史(福岡大学)の報告文書から抜粋)


*紹介者注
 見城慶和先生は国字研第2代の委員長で、現在研究参与です。その経歴や業績は国字研のホームページで紹介しています。見城先生の今回の報告原稿では、「生活基本漢字381字の選定とテキストづくり」に触れています。 (To.)
  会の紹介ページ 「見城慶和(研究参与・元委員長)」
  漢字の指導法「生活基本漢字381字」 のページ

だれにもわかりやすい日本語と文字を 2021.9.1


だれにもわかりやすい日本語と文字を
                          紺屋冨夫

 朝日新聞6月3日「論の芽」で、古田徹也氏は、
まぜ書きについて、①「不格好で不自然」であり、
『躊躇」を例に②「漢字は見た瞬間に意味がつかみやすい」と述べる一方、役所の文書は外国人や障害者に配慮してまぜ書きにするのはやむを得ないと述べています。
そして、行政やメディアに、簡略字を考案する、③「振り仮名を振る」などの検討をうながしています。
(①②③は、私がつけた番号)

 私は、①②③ともに反対です。
 新聞記事の見だしにある①「まん延、改ざん、ねつ造」などのまぜ書きが不格好で不自然かどうかは個人の感覚です。そもそも日常は使わないそれらの漢語を一般向けの文書に漢字表記することこそ「不自然」であり「不適切」です。「まん延」は「ひろがり」または「はびこり」、「改ざん」は偽造または変造、「ねつ造」は「でっちあげ」といえばだれにもわかるのです。

 ②「漢字は見た瞬間に意味がつかみやすい」は、すでに漢字を習得した人のみに言えることで、子どもやまなぶ機会のなかった人、外国人など漢字未習の人にはあてはまりません。

 ③「漢字に振り仮名を振る」ことこそ不格好で不自然きわまりないことです。
 世界中の言語で、文字にさらに読みかたを追加しているコトバがありますか。読み手が読めない漢字を使おうとするから読みかたを追加しなければならないのです。
 さらにいえば、「躊躇」をふりがなによって読めたからといって意味がわかるとは限りません。今の日本でいえば、義務教育を終えた人がだれでも読めて意味がわかるコトバ・文字で書いてあれば読みがなは必要ありません。
 本記事の初めに示された「躊躇」は、「ためらい」といえば、読んでも耳で聞いてもだれにでもわかるのです。

声明 2020年11月22日 日本学術会議の新規会員任命拒否の撤回を求める

   日本学術会議の新規会員任命拒否の撤回を求める声明
                            2020年11月22日
                   漢字指導法研究会(国字問題研究会)

無料公開! 家でも教室でも漢字学習に取り組める 「漢字学習サポートシート」

「かん字 学しゅう サポート シート」をつかって
「かん字 学しゅうノート」をつくろう

★ イメージが浮かぶ文例
  なじみやすい例文を音読するので,意味と使いかたが,記憶に残ります。

★ 作文力がつく短文づくり
  キーワード(漢字語)を使った一行日記にもなります。

小学校2年生の教科書に対応するシートを公開しています。
かん字の学習室のページへ どうぞ。

国字研の精選案が雑誌『世界』2019年11月号で紹介された


「知識詰め込み型」からの転換なのか?
 -改訂「学習指導要領」が子どもにもたらすもの
                    大森直樹(東京学芸大学)

   (『世界』2019年11月号,特集:脱・オトナ目線の教育へ)

 東京学芸大学・大森直樹さんが、漢字指導法研究会が1984年に漢字を系統的に学べるようにするため指導要領の学習量削減の具体例として600字提案をしたことを紹介しています。しかし、指導要領はこの提案をいれずに逆に10字を追加し1006字で応じたと批判しています。

 こころある研究者が国字研の活動に着目し、評価してくださったことをうれしく思います。

    『世界』2019年11月号
       岩波書店ウェブサイト

ニュース★おしらせ★話題★ひとこと

いっしょに 研究しましょう

「どの子にもわかるように教えたい。」
「ひとみが,かがやく授業がしたい。」
「漢字をとおして,コトバのちからをつけたい。」

こうした,教師ほんらいのねがいにこたえる道をさぐる,その方法をわたしたちは,探究しています。

いっしょに研究しましょう。 そして,あなたのお力を,お貸しください。

例会のご案内

漢字指導法研究会 月例会 今後の予定

 

★ 漢字指導法研究会の月例会は,毎月,第2土曜日の午後2時から4時30分までの予定で東京都内でおこなっています。

★ 参加ご希望のかたはご連絡ください。
★ 『月例会案内』のチラシ(PDF)をご希望のかたには,メールでお送りいたします。
      E-mail : kanzisido@yahoo.co.jp


例会参加者の感想から
 私は,漢字一字についてこんなに意見を出しあって,議論したことがなかったので,おもしろかったです。一つの漢字も,他の漢字と結びついたり,動詞化するか……など,いろいろな角度から考えを深めていくと,単に漢字だけでなく,言葉のニュアンスも浮かびあがってくるのだな~と思いました。   

 国字研は、「はい、手を挙げて筆順練習をしましょう。」で終わりではありません。

◎ その漢字の意味のイメージは何か
◎ 子どもに理解させたい漢字語・使えるようにさせたい漢字語は何か
◎ 一気に漢字の意味・使い方の核心に導く導入のしかたをどうするか
◎ 学習内容がすっきりわかる板書のくふう
◎ 子ども同士の交流をうながしつつことばの意味・使い方を確かにさせるコトバ集めや文づくりのくふう
◎ 字形を自力で身につけるための字形分析のさせかた

などを、参加者が対等な立場で検討します。
 ぜひ国字研例会にお運びください。


 

例会報告のページ   例会案内のページ