大久保忠利(創設者)

 

 

大久保忠利は,自身の戦争体験をふまえ,戦後はやくから「言語学を大衆のものとする」ため,言語意識直結観の心理学を打ち立て,民主主義科学者協会をはじめとして,言語と国語教育の分野で精力的な活動をしてきました.

 とくに「支配者のコトバ」に対しては,おしつけ教育に反対し,学習指導要領や国語審議会の方針のあやまりを具体的に指摘し,対案の作成と普及につとめてこられました.

 常用漢字表制定が論議されだしてからの晩年の10年間は,「漢字教育はどうあるべきか」を主要なテーマに活動をされました.常用漢字表制定に対しては徹底的にたたかい,また小学校学習漢字選定のための文部省の説明会にのりこみ問題点を指摘されました.

 常用漢字表制定後は,みずから対案をつくる作業をすすめ,私案を発表し,その検討をひろくよびかけ漢字指導法研究会の「漢字精選案」のもとをきずきました.

  国字研・漢字指導法研究会は,遺志をうけつぎ,研究をすすめています.


大久保忠利(1909-1990年)は,言語学者.
1951年児童言語研究会の設立に参加し,中央常任委員.
1959-1973年東京都立大学助教授および教授.
1977年国字問題研究会を結成し,研究参与.

おもな訳書に,S=I=ハヤカワ『思考と行動における言語』岩波書店
おもな著書に,『国語・文学教育とコトバの心理』大明堂 1968年
『一億人の国語国字問題』三省堂 1978年
『漢字と教育』一光社 1986年など

*選集に,『大久保忠利著作選集』1~6(三省堂 1991年)があります.「街の言語学者」大久保忠利の,言語・言語活動・国語教育に関する著作43冊から編集したものです.

  「国語教育の本質」「表現よみ」「生きたコトバの四原則」など実践的論考を初め, 新しい「日本語構文法」の確立を目ざして言語の本質に迫る数々の論考を収録しています.
 国語教育・コトバに関心のあるすべての人の必読書といえます.

 



会の紹介