漢字の指導法

漢字教育の基本提案
 教育漢字精選600字案の提案   
 1セット5過程方式の授業の意義と方法



Ⅰセット5過程方式 

① 「1セット5過程方式」とは、一つの(新出)漢字を五つの過程で指導する方法をいいます。
② どんな漢字にも、読み(音)、意味(義)、字形(形)の三要素が総合されています。この三要素を相互におもいうかべる能力を養い、生活や学習場面で使えるようにすることを重視します。
③ 一字の指導時間の目安は、低学年20分、中学年15分、高学年以上10~15分です。
④ 児童・生徒の学年や実態、漢字指導に使える時間、漢字の特色などに応じて、五つの過程に軽重をつけたり、一部を省いたり、指導の順序を変えたりして柔軟にとりくみます。
⑤いずれの過程でも、発表し、聞きあうことを重視して指導します。



教育漢字精選案



学習論理語イ一覧表


新出漢字の学習内容がすっきり整理できる板書のくふう
       (小学校6年「降」の場合) (PDF)



1セット5過程の「文づくり」で、該当の漢字を使った文がつくれない子への助言
 文づくりができない理由は、
 ①板書のコトバの意味がわからない場合。
 ②意味はおよそわかるが、使いかたがわからない場合
 が考えられる。
 そこで、板書や友達の口頭作文がヒントになる。
 小学校5年「在」の場合。
         (小学校5年「在」板書例・発問例)(PDF)



【ひろば】これまでのテーマ (PDF)